『パコと魔法の絵本』観ると、映画は現実味がないのも魅力の一つだよねって思う

正直『嫌われ松子の一生』とか『下妻物語』は興味なくて、元々これも観る気がなかったのだけど、

LAUNDRYでパコのTシャツ買ったのと、京急の中で散々広告貼ってあったから結局気になって観てみた。

予告でパコがとてもかわいかったというのもあるのだけど。

で、観てみたらとても良かったよ。

『嫌われ松子の一生』のときはグラフィックにやっぱり違和感があったのだけど、

今回のはおとぎ話っぽくもあって、とても自然だった。

ってか、この表現じゃなかったらここまで面白くなかったろうな。

CGもメイクも色使いもどれもこれも良いグラフィックでした。

パンフレットに、

自分としては見かけのリアリズムはどうでもよくて、感情のリアリティさえきちんと描いていればお客さんはきっと楽しんでくれると思ってる。

だって、そうじゃなかったら、アニメには心を動かされないってことになっちゃうわけでしょ

っていう監督の言葉が書いてあったけど、なるほどなぁと思った。

確かに舞台なら客がわかりやすいように大げさなメイクをしたりするし、

そういうのを考えたら全然問題ないんだなって納得。

キャラそれぞれのシリアス、ギャグの演技も面白くて、

うまい具合にバランス取れてる。

上川さんの真面目なギャグの演じ方は他の作品でも観たいなって思いました。

あぁ、あと妻夫木が出てることを最後まで忘れてたよ。

初め安藤くんかと思って「あれ?違うな」ってなり、「誰だろう?」ってなったまま終わりました。

妻夫木に関心がなかったけど、今回の演技はちょっと見直した。

それと阿部サダヲがいなかったらこの映画成り立ってないなって思った。

見事。

ホントすばらしい。

アクが強い阿部サダヲをこの映画が上手く取り込んでるとも言えるし、

阿部サダヲがこのトンでも映画と現実部分を上手くつないでるとも言えるし。

映えてるなぁと色んな場面で思いました。

色んなキャラの不自然な動きが自然に見えてくるのも阿部サダヲの自然さのおかげにも思える。

まぁ、そんな色んな個性強いキャラがいる中でパコ役のアヤカ・ウィルソンが見劣りしないのがすごいよね。

見劣りしないっていうか、見事に際立ってるよね。

ひとりだけメイクしてないからっていう特徴もあるんだけど、

子供らしさのかわいさが笑顔と演技に溢れてる。

観ててニコニコしてしまうものね。

これで映画デビューなんだから驚くよね。

監督やスタッフや出演者に恵まれてたんだろうな。

初作品がこれで良かったと思う。

「ガマ王子!ガマ王子!」

って台詞は何度も聞いていたいくらいかわいい。

簡単な話だから最後まで何となく話は見えちゃうかもだけど、

ところどころにあるギャグとか、現在と回想に分けてある所とか、

何よりCGとかのグラフィックで全然飽きずに観られると思う。

エキストラ役全部探せなかったしね。

貫地谷しほりとかエンドロールで出てるの気づいたよ。

全体的にキレイな映画だったからDVD買おうかな。

ちなみに下のTシャツがランドリーで買ったやつ。

映画の中では一瞬しか映らないから気づかないかも。

080920_001329_2

続きを読む "『パコと魔法の絵本』観ると、映画は現実味がないのも魅力の一つだよねって思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わず体が震えてしまうくらいの出来だった『おくりびと』

予告観てて元々観たかったってのもあり、
会社で試写会のチケット貰ったってのもあって観に行ってきました。
結論から言うと☆4です。観て良かった。

主要キャラだけに焦点が当たっていて、出演者もあまりいないし、物語もシンプル。
先も読めるし、大どんでん返しみたいなものもないけど、
だから逆に映画へと引き込む力がすごいなぁと思いました。

前半は会場のところどころで大きな笑い、後半はところどころですすり泣き。
そんな映画は久々でした。

まず、本木雅弘の山崎努の演技が素晴らしい。
特に本木雅弘は適役だったなぁ。
2人の掛け合いは見ていて飽きなかったし、
台詞がないところの間がとても良かった。
間が良いってのは映画全体通して言えることだけど。
言葉よりも視覚的に魅せる部分が多かった映画だなぁと思う。

周りの演技もとても良かった。
余貴美子が美人だったし、広末涼子がかわいかったし、とかそういうのも良かったんだけど演技が良かった。
あと、劇中通して「音楽いいなぁ」と思ってたらエンドロールに「久石譲」って流れて。
「あぁ、やっぱり音楽によって印象が変わるもんなんだなぁ」と思いました。

「納棺師」って初めて知ったんだけど、この映画観たらやりたい人増えそうだな。
かっこよすぎる。
山崎努がやってるときも本木雅弘がやってるときも「映えるなぁ」とただ感じました。
見てて目を奪われて、思わず自分のばあちゃんのこと思い出したり。
特に後半の銭湯でのシーンではなんだか体の震えが止まらず仕方なかった。
あれは映画館が冷えてたからって理由じゃないと思う。
僕、緊張するとそうなったりするし。

欲を言えば前半が結構テンポ良くて面白かったから最後もっと間延びして余韻残してくれても良かったなと思います。
この監督の映画はシンプルなの多いからこれはこれで良いかなとも思うけど。

続きを読む "思わず体が震えてしまうくらいの出来だった『おくりびと』 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛おしき隣人がカオス過ぎてクスクスくる

スウェーディッシュラブストーリーを観て、同じ監督の愛おしき隣人を観た。
# いつも通り映画の情報調べてなかったのだけど、
# 上に出てる画像だけ見てたから映画のイメージが全然違った笑


スウェーディッシュラブストーリーのユーモアとそれ以上のつぎはぎ感。
周りの人の笑いが笑いを誘って楽しい雰囲気で観られた。
シュールな笑いってこういうこと言うんだろうな。
言葉で説明されるわけでもなく、ただ日常を描いていて
そして本人たちにとっては不幸でもあるのに、それを見てる僕らは笑ってしまう。

そんなミニミニストーリーがたくさん。

ところどころで「今のシーンの意味はなんだったんだろ?」って考えたり。


表現が細かいよね。
ちょっとした驚きの表情や、メインとなってる話以外でのやりとりとか。
葬式で「演奏の音ちょっと大きいよ」みたいなのを後ろでやってたり。
プロの役者さんは一人だけらしいけど、みんな自然な動きをしてる


何となくボーっと見てるにはとても良い映画。
コーヒー&シガレッツ観たい時と同じ感覚かな。

ということで☆4。
オチとかカオスだけど☆4。
一応イントロに繋がってたのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『転々』は映画だった。『イン・ザ・プール』はコントだった。

転々

転々』とても良かった。

訳のわからない展開から始まり、そこから小さな笑いを存分に取り入れ、

で、重苦しい話を一気に楽しい雰囲気にもってってた。

終わりに近づくにつれて寂しい思いが強まり、見終わった後に切なさがいっぱい。



オダギリジョーと三浦友和のやり取りがまず面白かったし、

次々と出てくるキャラクターの魅せ方がとても上手かった。

小泉今日子は相変わらず美人だったし、後半に出てた「ふふみ」がメチャクチャかわいい。

あんな娘が欲しいなぁと思ってしまった。

#「ふふみ」役の吉高由里子って子、「あしたの、喜多善男」にも出てるのよね。
#違いすぎて名前見るまで全然気づかなかった。

最後の擬似家族のシーンを見てると「このままずっと続けばいいのに」って思うくらい良い家族に見えた。

オダギリジョーの気持ちが変わっていくのもすごい納得する。

全然ハッピーエンドではないし、笑えない話ではあるんだけど、寂しくなったらまた見返したくなりそうだな。

☆4。



で、『イン・ザ・プール』。

「久々にDVD借りるかぁー」って思い、『転々』観た流れだし監督の「三木聡」つながりで借りた。

結構面白いって聞いてたし。

でも、『転々』観た後だったってのがまずかったな。

『転々』があまりにも良い「映画」になってたから『イン・ザ・プール』が「コント」にしか見えなかった。

オムニバスの3本を混ぜた感じの作りになってるから、つながりがないのは多少仕方ないんだけど、

それでもコントコントしてたなぁ。

ラーメンズの劇を見てる感じだった。

小さい笑いやネタは『転々』の方が断然多かった気がするんだけどね。不思議。

感じとしては、『転々』は止めずにずっと最後まで観たいって映画だけど、

『イン・ザ・プール』はところどころで止めてもいいかなぁって思える映画。

映画としては1本丸々見せるほどの力がないんじゃないかなって感じる。

ってことで☆2でした。

観るタイミングもあるんだろうけど。

『転々』観た後だと『時効警察』も印象が弱いなぁって感じがするし。

イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
posted with amazlet on 08.01.20
ポニーキャニオン (2005/10/19)
売り上げランキング: 10447
おすすめ度の平均: 4.0
3 「時効警察」に比べると・・・・・・
3 小説とは別物として
3 人類のほとんどはダメなのだ〜
時効警察 1巻
時効警察 1巻
posted with amazlet on 08.01.20
角川エンタテインメント (2006/06/23)
売り上げランキング: 50793
おすすめ度の平均: 4.0
3 ほのぼの警察だよ〜 ^^
5 最高の一言!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は確かに面白かった

リンク: いっちにぃさんぽ: エヴァが映画化とな?.

多分観に行ってしまうんだろうな。

と言うことで観に行ってきた。

「絵が綺麗になっててすごい」ってのは色んな所で聴いてた通り、

確かに迫力あるところは迫力あり、でもアナログっぽいところはアナログっぽいって感じで良かった。

ラミエルの動きのきれいなこと、きれいなこと。

あんな動きするとは思わなかったよ。

家で観直してみたら絵本みたいで笑った(笑

復習のために19話まで観てたのに、映画観たせいで落差でかいなぁ。

あと、音の使い方がとても上手いよね。

絵と音の両方がないと迫力全然違うだろうなぁと思った。



ストーリーのことで言うと、やっぱり気になったのはシンジのキャラかな。

リンク: エヴァンゲリオン特集.

主人公が何度も同じ目に遭いながら、ひたすら立ち上がっていく話です。

わずかでも前に進もうとする、意思の話です。

この文を見た時点で結構違和感があり、

「シンジってそんなキャラだっけ?ひたすら煮え切らない態度を取る思春期の子供じゃなかったっけ?」

って思ってた。

で、映画観てやっぱりキャラが変わってるなぁと。

だいぶかっこよくなってるよね。

外見だけのせいでなく、明らかに性格が前向き。

表情とか行動でも。

カヲルくんの最後の発言で、

「輪廻で繰り返されてるのかな?だから『同じ目に遭いながら、わずかでも前に進む?』なのかな?」

ってのも考えたけど、キリスト教には輪廻がないよね。

なんだろ。かっこよすぎちゃうとシンジの良さが出ないんだけどな。

あの曖昧さが思春期の気持ち悪さを表してて良いのに。



映画館で観ておいて良かった。

宇多田ヒカルの曲に合わせて流れるスタッフロールも良かったし。

あぁ、そうだ。

スタッフの中に出渕さんがいてビックリした。

エヴァの初期に手伝ってたってのも今回初めて知ったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ミルコのひかり』の草原行きたい

こういう音使った映画とても好き。

初っ端から気持ち良いくらいの草原が出てくるんだけど、

それが映画の後まで残ってすっごい行きたくなった。


あらすじはとても簡単。

  1. ミルコって主人公の子供が銃で遊んで失明する
  2. 普通の学校に通えなくなり学校を変える
  3. なじめなかったがレコーダーを手に入れて音で遊びだす
  4. それによって自分の周りを変えていく

主人公のミルコはこの映画の音楽を担当している実際の人物で、

音にかかわったきっかけである子供時代のひとコマを描いてる。

でも、あらすじが重要なんじゃなくて、作ってく音のすばらしいことすばらしいこと。

脚色してるとは言え、ホントにこんなことがあったんだと思うとただただ「すごいなぁ」と思ってしまう。

実際、主人公の友達フェリーチェは目が見えないらしく、

それでも映画の合間にレコーダーで遊んでてスタッフ驚かせたってパンフレットに書いてあった。

音を作っていく様はホントに驚く。

目が見えないのにどうしてそんなことができたんだろうって。

そしてキャラクターがまた愛らしい。

学校の子供達みんなかわいいんだけど、

特にフェリーチェの言葉や行動は思わず和んでしまうくらい。

で、ミルコが好きになる女の子フランチェスカがこれまたかわいい。

飛びぬけて美人って感じではないんだけど、仕草とかがとてもかわいい。

子供達の演技がとても生きてる映画だと思った。


また映画館で観たいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『恋するマドリ』おしゃれ映画だと思ってたよ

恋するマドリ

予告観てたら音楽と映像に惹かれて観に行ってしまった。

すっかりおしゃれ映画だと思って観始めてたから前半の途中でアレ?って思った。

ユイさんが山師の想像するシーンで「これ、この映画じゃあんまり良くない演出じゃなくね?」って思い、

「でも、他の演出が良いからとりあえずいっか。」ってなり、

その後、光の演出があって「あぁ、この演出好きだわぁ」ってなって、

「やっぱりおしゃれ映画だな」ってテンション持ち直し。


…と思ったら、世良さんが船で出てくるシーンで大爆笑。

「ねーよw」って笑ってしまった。

中西学がバラエティ慣れしてるせいで、最終的に完璧コメディ映画として観れました。


何か、テーマとかそういうの考えながら観るような映画じゃないって思った笑

結局「恋するマドリ」ってなんだよwってなる

笑いながら観れた良い映画だった。

演出も結構好きだったし。

特に光の演出は長々と撮ってるところが岩井俊二っぽくて好きだった。

あと、新垣さんかわいい。

大声出すシーンは似合わなかったけど。

1000円で観るならもう一回観たいかも。

その後品川に行く機会があったから北品川のロケ場所も観てきてしまったよ。

何か後引く感じなので☆4。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『エンロン』観て子供みたいに「すげー!すげー!」ってなった

観たかった『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』が近くで再上映してたので観て来た。

すっごいよ。ホント。これが現実の話だってのにすごい驚く。

人間、傲慢と欲さえあれば金を手に入れることは難しいことでもないんだってくらいのことを感じた。


目の前で見てることが非現実にしか思えないんだよ。

だって、結果を言われながら観てるわけだから「おかしいよー!」って思ってしまう。

でも、結果がわかっててもすごいなって感心する。

時価会計って画期的なシステム考え付かないよね、普通。

だって、「数年後に10億儲かりますから」で現在の儲けとして計上してしまうんだもの。

うちの会社もそうしたらいいのにって思ってしまうくらい。

そしたらどんどん儲かってることになるよ。


で、カリフォルニアの計画停電。

トレーダーたちの生々しい肉声がゾクゾクする。

「ひゃっほー。信じられるかい?こんな短時間でこんな大金動かしたぜー」

みたいな。

人間の倫理ってすごいよ。

この映画の肝にもなってるけど、人間はストッパーなくなったら何にでもなるんだなって。

目の前で人が死んでなければきっと何も感じないんだろうと思う。

もしかしたら目の前で死んでも、自分が危なかったら簡単に切り離すのかもしれない。

そんなことを思い知らされた。

カリフォルニアのシュワ知事が当選したときはこの事件を知らなかったわけだけど、

この映画を観ると当選のイメージもなんだか変わるね。

こんなところで関係してるとは思わなかった。


いくらでも金儲けができることはわかった。

でも、そのことの失敗も一緒に見れた。

いくらでも金儲けができることがわかった時点でもうお腹いっぱいかも。

googleの社員もどんどん株売ったりするのかな。

いろいろ怖くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供かわいい『幸せのちから』

何にも考えずに観れるハッピーエンド映画を観たいなと思って観た。

子供かわいかったなぁ。

「2つも!」って突っ込んでるシーンとかすごい良かった。

観た後に知ったんだけど、ウィルスミスの実の息子なのね。

息が合ってたのもわかるなぁと。


ストーリーは実話を基にしたものらしいけど、

映画はだいぶ簡略化されてるみたいだし、盛り上がるように脚色されてるみたい。

子供の年齢もこんなに大きくなかったし。

ってことは、実話をそのまま映画にしてたら子供出てないのか。

それだと味が出ない気がするな。


ところどころ人間性に問題ありだったけど、

観終わった後に涙出そうだった。

直前まで全然そんな感情こなかったのに役員に呼ばれてからの演技でやられたっぽい。

目を充血させて、感極まって、そして「みんな幸せそうな顔をしてる」って表現した道に出る。

これでグッとなってしまった。


良いよね。観る前からハッピーエンドとわかってるので、安心して観れる。

すっごい切ないシーンも「きっとこの先良いことあるはず」って思いながら観れる。

それでも結構きつかったけど。

子供に対して、

「できない者は足を引っ張る。欲しかったら取りに行け。」

って言う所が印象的。

「この人は人間的にアレなとこもあるけど、父親としての役目はしっかり果たそうとしてるんだなぁ」って思った。

好感持てた。


これ観て思ったことは、どんな状態からでも立ち上がれる力が必要なんだなってこと。

それは精神力だったり、頭の良さだったり、運だったり、いろんな要素なんだろうけど、

そういうのがないとダメだよねと。

「あぁ、がんばってみよう。」と素直に思えた。

それだけでプラス。


あと、ルービックキューブのシーンに共感した。

「それに気付いた時に感動したんだよなぁ。」とか「そうそう。そこが難しい。」って。

気持ち良く観れて、またたまに観たいなって思うので☆4。

幸せのちから (出演 ウィル・スミス)

おすすめ度の平均: 4.0
4 爽やかな佳作
4 ラストシーンが洒落ています!
3 普通とにかく普通な上に、俺様映画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『リトルミスサンシャイン』は映画館で思いっきり笑える

ホント笑った。やばかった。

観たのはちょっと前だけど、また観たくなる。

後ろの方で女の外人さん3人がいて、

ところどころ声出して笑ってくれてたおかげで雰囲気も良かった。

ホントいいわぁ。

たまにこういうバカ映画を観た方がいいね。

テレビで一人で観るよりも、確実に映画館とかそういう他の人がいる空間で観た方がいい。



何かね、本人たちはすごい真剣なんだけど、

観てるこっちとしては面白い。

そういう笑い。

結局そういうのが一番笑えるんですよね。

他人の不幸ってまででもないけど、なんだろ?

一生懸命さなのかな?

「自分でもこうなっちゃうかも笑」って思う、そういう所に笑いがある。



で、この映画のすごいところは、最後には全てどうでもよくなるところ。



一人一人が不幸で、悩んでて、いろんなことあって…

ってなるんだけど、オリーブって主役の少女がそれを全て吹き飛ばして

「まぁいっか」

って感じにもっていっちゃう。

ホントに「何か笑ってたら映画終わってたわぁ。バカ映画だったなぁ」って感じ。

でも、よくよく考えるとすごい話だなって思う。

映画の中の時間は2日くらいの出来事なんだよね。

その中でホントにいろんなことがあって、みんな人生観が変わっていく。



2日くらいのことで人生観が変わる。

何があるかなんてわからない。

今までが駄目でも、そんなこと全く関係ない。



そういうところがテーマとしてあるのかなって思ったらますます良い映画だなって思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)