『転々』は映画だった。『イン・ザ・プール』はコントだった。

転々

転々』とても良かった。

訳のわからない展開から始まり、そこから小さな笑いを存分に取り入れ、

で、重苦しい話を一気に楽しい雰囲気にもってってた。

終わりに近づくにつれて寂しい思いが強まり、見終わった後に切なさがいっぱい。



オダギリジョーと三浦友和のやり取りがまず面白かったし、

次々と出てくるキャラクターの魅せ方がとても上手かった。

小泉今日子は相変わらず美人だったし、後半に出てた「ふふみ」がメチャクチャかわいい。

あんな娘が欲しいなぁと思ってしまった。

#「ふふみ」役の吉高由里子って子、「あしたの、喜多善男」にも出てるのよね。
#違いすぎて名前見るまで全然気づかなかった。

最後の擬似家族のシーンを見てると「このままずっと続けばいいのに」って思うくらい良い家族に見えた。

オダギリジョーの気持ちが変わっていくのもすごい納得する。

全然ハッピーエンドではないし、笑えない話ではあるんだけど、寂しくなったらまた見返したくなりそうだな。

☆4。



で、『イン・ザ・プール』。

「久々にDVD借りるかぁー」って思い、『転々』観た流れだし監督の「三木聡」つながりで借りた。

結構面白いって聞いてたし。

でも、『転々』観た後だったってのがまずかったな。

『転々』があまりにも良い「映画」になってたから『イン・ザ・プール』が「コント」にしか見えなかった。

オムニバスの3本を混ぜた感じの作りになってるから、つながりがないのは多少仕方ないんだけど、

それでもコントコントしてたなぁ。

ラーメンズの劇を見てる感じだった。

小さい笑いやネタは『転々』の方が断然多かった気がするんだけどね。不思議。

感じとしては、『転々』は止めずにずっと最後まで観たいって映画だけど、

『イン・ザ・プール』はところどころで止めてもいいかなぁって思える映画。

映画としては1本丸々見せるほどの力がないんじゃないかなって感じる。

ってことで☆2でした。

観るタイミングもあるんだろうけど。

『転々』観た後だと『時効警察』も印象が弱いなぁって感じがするし。

イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
posted with amazlet on 08.01.20
ポニーキャニオン (2005/10/19)
売り上げランキング: 10447
おすすめ度の平均: 4.0
3 「時効警察」に比べると・・・・・・
3 小説とは別物として
3 人類のほとんどはダメなのだ〜
時効警察 1巻
時効警察 1巻
posted with amazlet on 08.01.20
角川エンタテインメント (2006/06/23)
売り上げランキング: 50793
おすすめ度の平均: 4.0
3 ほのぼの警察だよ〜 ^^
5 最高の一言!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想以上のくだらなさだった『監督・ばんざい!』

大日本人』とどっち先に観ようかなと思って、

先に近くでやってた『監督・ばんざい!』にした。

「くだらないくだらない」というのは本人のインタビューでもわかってたし、

何より『TAKESHIS'』とコレと次の作品で三部作みたいなことも言ってたし。

その時点でおかしなイメージを想像して観たんだけど、さらに上いってた。


内容は北野監督が「次の作品何撮ろうか」って試行錯誤するパロディ。

途中までは淡々と短編が進む感じだからパッパッと見ることができるんだけど、

その後、一気に長くなってだらける。

で、小ネタがね。

しつこいくらいにある。

「くらい」ってか、しつこい。

そんな映画。

そこが見所。

こうなると次の映画が楽しみになるな。

『TAKESHIS'』よりは楽しめると思う。

いや、どうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コントだったな『パフューム』

最後の方は笑ってしまった。

物語の方向性がわからなかったな。

サスペンスとして観たらよいのか、主人公の孤独を観たらよいのか、ギャグとして観たらよいのか。


ただ、上限時間長いなぁと観る前に思ってた割にはそんなに長く感じなかったかも。

主人公がほとんど喋らずの演技だったのにも限らず。

まぁ内容を考えたら長いなと思ってしまうけど。


「主人公の生まれ」→「香水に出会う」→「自分の意味に悩む」→「香水作る」→「満たされない」

って流れだったけど、

最後の方がおとぎ話っぽかったからもっとサクッて観れるくらいの短さで良いんじゃね?って思った。

すっぱり切るところは切ってたし。


うーん、物足りなさ残るな。

前半、中盤で結構ハラハラしたこともあって。

自分の匂いがないって設定も面白いと思うんだけど、

最後のローラを殺すところもイマイチで、パリに向かうところもイマイチだった。

エキストラさんのギャグっぽい演技は良かったけど。

あと音楽は良かったか。

何か勿体無いな。短くするか、主人公をもっと深くまで描いたら面白いって思った気がする。

☆2。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ダーウィンの悪夢』はドキュメンタリー過ぎて寝ちゃった

予告編を何回も観てたら、怖いもの見たさで観たくなっちゃった映画。

…でも、寝ちゃった。。残念。。

ドキュメンタリー過ぎて映画として観るには辛かったな。

多分、家でNHKスペシャルみたいな感じで流してるのが良いなと思う。

暗い部屋であんな大画面で観る必要はないな。

映画としては☆2だ。


ちょっと魚食いたくなくなった。

ナイルパーチというどデカイ魚がその土地の今までの自然の流れを破壊し、

それによって貧富の差が激しくなったという話。

今は『ナイルパーチ』って名前で表示されてるらしいけど、

前までは『白スズキ』って名前で売られていて給食の白身魚フライにも使われたとか。

ってことで確実に食べてるよね。

そう思うと怖いな。

まず魚がグロくて怖い。

そして加工してる人たちの現状を見て怖い。

こう思うのはまずいんだろうけど、僕はあの場所にいなくて良かったと思ってしまった。

あの場所に生まれてたらきっと子供のうちに死んでるだろうな、と。

例えば僕が今の僕でなくて、その土地に適応できてたとしても、

やっぱり勝ち残れる自信はないな。

梱包材溶かしてドラッグにするのも仕方ない気がする。


どんなものでもそうなんだろうけど、

自分の目の前にモノがあるってことは、それを作った人がいるってことなんよね。

で、それについて普段深く考えたりしない。

ふとした時にそういうことを思ったりする。

こういう映画を観たときだとか、自分が何かを作る側に回った時とか。

でも、ただ思って、想像して、それだけなんだよな。

この映画観て、酷い現状を知って、でも自分はどうにもできない。

やっぱり安全な居場所にいる自分に感謝してる気がする。

なんだろうな。

こういう状況を知っただけでも一歩進んだことになるのかな。

最後のクリスマスの話とその人の表情が印象的。

ダーウィンの悪夢
ダーウィンの悪夢
posted with amazlet on 07.03.04

おすすめ度の平均: 4.5
5 ムワンザではこんなことが起こっているのか
5 重たい
4 映像の持つ力をまざまざと見せつける衝撃作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリー・アントワネットの視点だけの映画だった

観て来た。『マリー・アントワネット』。

ポスターにやられた。

動いてる時は別に何とも感じなかったんだけど、あのポスターはすごい絵になってるなぁと。

あとは、予告編が良かったですね。

ロックな曲に合わせて画面切り替える所がソフィア・コッポラっぽくて。

…つってもソフィア・コッポラの映画観てなかったけど。

何か印象として「画面切り出してくっつけてる」ってのがあって、

予告の時もそう感じた。



…で、映画観てみたらやっぱりそんな感じだった。

いや、一つ一つのシーンは良い所があったりするんだけど、

2時間半見続けるのはキツイんじゃないかなぁと思ったり。

あの内容なら2時間でいいな。



映画のタイトルは間違ってないんだよね。

『マリー・アントワネット』って言ってるわけだし。

でも、ホントにマリー・アントワネットだけなんだよ。

他に重きを置かず。



マリーアントワネットがどんだけ

「少女」で「女」で「母親」で「ただの人間」だったか

ってのを描いてて、

楽しく過ごしたり、馬鹿やったり、ホントその辺の人なんだ

ってのを見せてくれるんだけど、本当にそれだけなんだよね。



マリーアントワネットが「どんな人」だったのか?



そこだけがテーマ。

だから夫も関係ないし、戦争も関係ないし、恋のその後も関係ないし、国民も関係ないし…

周りのことは一切といって描かれない。

確かにそれが良い所と言える映画でもあったけども、

#2時間かけて激動な時に揺らぐ所を見たわけだから。

でも、それを淡々とやるにはちょっと辛いかな。

と言うか、淡々とになって激動なのに激動っぽくなくなっちゃってる所も勿体ない。



PVとしては面白いかもしれないけど、映画としては☆2な感じ。

#「マリーアントワネットを魅力的に撮りたかっただけなんだ」って言われれば☆3かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『変身』の小説読んで、映画版も観てみた。

変身
変身
posted with amazlet on 06.09.03
東野 圭吾
講談社 (1994/06)
売り上げランキング: 31,299
おすすめ度の平均: 3.72
5 悲しかった・・・
5 脳の神秘性と不気味さ
4 最後の一行がとても泣けます。
変身
変身
posted with amazlet on 06.09.03
アミューズソフトエンタテインメント (2006/05/26)

ちょっと前に『変身』の小説を読んだわけです。

宿命を読んで脳の話つながりの変身を読んでみたいと思ったけです。

いくつか東野圭吾の本を読むようになって、

いつの間にか最後の1行近辺を読むのが楽しみになってしまってるのが自分でわかります。

どの作品も人間のいやらしい部分とか汚い部分が実に細かく描かれてていい。

今回の作品は主人公が変わっていく自分に四苦八苦する話。

単純に言えばそういうストーリー。

実に簡単。

だけど、映画版観て思ったことは、

「その簡単なストーリーにとても深みがあったんだな」ということ。

映画版は僕の中ではだいぶ駄作に仕上がってる感じがしました。

蒼井優だからちょっと期待してたのと、

原作者が感動したってコメントを見てしまったのもあるけど、

期待外れという感が強かったです。

いくつか気になる点が出てきちゃうんですよね。

山下はあそこで殺されたの?殺されたなら血はどうやって片付けたの?とか、

玉木宏が電気消そうとしただけで蒼井優があんなに驚くのはおかしくない?とか、

その間教授は何やってたの?とか。

何だかそういう細かい所に目がいってしまった。

演出が大味な感じがした。

小説のときに感じた「主人公に同情するけど拒絶したくなる」感がないんですよね。

淡々と事実が見えてる感じ。

あとそばかすが結構重要だと思ったのにあんまり描かれなかったし。

ということで☆2。


小説の方は、主人公のだんだんに変わっていく様子が

日記やメモ、検査に加えて第三者の視点からも描かれてるし、

本人の感情としても描かれてる。

それを読んでるととてもリアルな感じがして、

「このくらい気合でどうにかなるんじゃないの?」って気持ちと

「やっぱりこうなってしまうのかなぁ」っていう気持ちが混じって

読んでいて本当に複雑な気分になる。

主人公のイライラ感が伝わってくるんですよね。

「そのくらい我慢しろよ」って言いたくなるんだけど、

「本当にどうにもできないんだろうなぁ」って思ってしまう。

そういうモヤモヤ感がとても好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ゲド戦記』は期待させた分だけ罪が重い

観て来ましたよ。散々な酷評を観ながらそれでも。

こりゃあかんね。

途中で「この気持ちをどうやって例えよう」と色々考えちゃったくらい。

すっごい分厚い道徳の本を読まされてるという感じというのだろうか、

なんだろう。

「すっげぇ良い山があるんだよ!山登り行こうぜ!」

って誘われて行ってみたらそこは草原でしたくらいの気分。

そのくせ誘った本人はノリノリで「な?すげぇ山だろ?」って言ってる。

そのくらい意味がわかんない。

もう盛り上がりがないんですよ。

だだ続き。

「僕が読みたいのは起承転結がはっきりしてる分厚い小説なんです。」

って言ったら、

「はい。それならこれだよ。」

って小学校の頃の道徳の本(それも分厚いやつ)を渡された感じ。

もう、どこが盛り上がりなのかわからない。

そしてただ長い。

長くないのに長く感じる。

すごい技術。

「これ内容だけなら30分で終わるんじゃね?」

って感じがする。

無駄にシーンがある。

「その上にそのシーンよりもっと大事なシーンがあったんじゃないか?」

って思わせるくらいの作り方。

びっくりするよ。

そりゃ予告編に騙されたって声が出るのは仕方ないと思う。

だって短くまとめてあってあれで十分だもの。



「脚本からやり直せ」ってのもどっかで見たけどホントにそうですね。

シーンの切り替えに違和感がありまくる。

「シリアスなシーンにおばちゃん2人を入れることで云々」

みたいなことを言っていたのですが、出てきた瞬間気分悪くなった。

あそこで入れる意味ないよね。違和感ありすぎ。浮きすぎ。



で、テナーとテルーの声がひどい。

いや、声がひどいって言うかミスキャストだよね。

声自体は良かったりするんだよ。

きっとキャラと違うんだ。

画のイメージと合ってない。

風吹さん好きだけど、大きな声出したり切羽詰った時の声出すような人でないし。

何かね、テルーの声もあまりにもおかしくて失笑してしまったのだよ。

すっごい盛り上がり(と思われる)シーンだったのに。

あ、でも岡田君の声は好きだわ。逆に良かった。



さてと、何言いたいんだっけ?

そう、面白みがないんです。

せっかく2時間やったのに、内容30分、無駄なシーン1時間半みたいな。

だらだらとお経を2時間聞かされる感じ。

単調に言葉が読まれてる感じ。

そりゃ、わかる人には意味があるように聞こえ面白いのかもしれん。

でもわからん人にとってはただの雑音だ。



波がなければ2時間見てるのは苦なんですよ?

特にエンターテイメントとして出されている映画だと。

これがいかにも「物語」って映画ならそういう風に見るけど、

そういう宣伝の仕方ではないのだもの。

そりゃダメぢゃね?

んで、物語にしても中途半端だし。

長い原作の一部だから不明点はあって良いだろう。

説明不足でも良いだろう。

でも、面白いものってのはそういうのが気にならないわけで。

ナウシカにしろ全部説明があるわけではないし、

説明してない部分があってもいいと思う。

でも、今回は散々説明しない割に、説明しなくていいことセリフにしてバンバン言っちゃう。

「命が」「命が」って。

バランス悪すぎ。



これ作った人たち、ちゃんと観たんだろうか?

何とも思わなかったんだろうか?

観た上であんなにバンバン宣伝してるんだろうか。

そうだとしたらホント☆1でもいいくらい。

一応画が観れるからと思って☆2という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『TAKESHIS'』が『マルホランド・ドライブ』に見えました

takeshis 友達が券をくれたんで観てみました『TAKESHIS'』。

すごいね。

デイヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』を思い出しました。

終わった後に「えぇ?!」って言ってる人も多数。

そりゃそうだろうなと。

わけわからんもの。

現実と夢の狭間で無限ループみたいな感じなんだけど、

どうも拳銃がね。

撃ち過ぎ。

まぁいつものことなんだけど。

いつもと違って意味のない所で撃ち過ぎ。

そしていつも以上の意味のわからん演出。

賛否両論色々出てるようだけど、外国で賛同があるのは意味がわからんな。

日本人は楽しめるかもだけど、外国人にはわからんだろう。

ギャグといい、テンポといい。

めちゃくちゃなテンポだから全部字幕にできてるとは思えないし、

字幕にしたらドタバタ感が出なくなるだろうし。



唯一飽きなかったのが不思議な所。

謎解きみたいに伏線考えながら観てたからだろうね。

1回観る分には良いけど、2回は観る気にならないな。

そこが『マルホランド・ドライブ』と違うところ。

☆2。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『容疑者 室井慎次』のテーマは何ですか?

正直がっかり。

これを今まで楽しみにしていたかと思うとホントがっかり。

確かに全体の感じは好きです。

淡々とした感じで進み、静かなシーンの威圧感みたいなものが感じられます。

前半はサスペンス要素を入れた進み方で結構好きです。

でもね、



事件がちゃっち過ぎて消化不良なんですよ。



そりゃね、人間の中身の話とか、成長みたいなもんとか、権力絡みのゴタゴタとか、

そういったモノを見ていて面白いと感じるんですよ?

ただ、僕が踊るで見たいのは「事件絡みのカタルシス」なんですよね。

カタルシスが感じられなくて消化不良。

もう、映画版2からずっと消化不良。

今回の映画なんて2時間いらないんじゃないの?みたいな感じ。

事件そっちのけで話が進むから最後に事件の話に戻されてもどうでもいいってなってしまう。

何かいろいろ中途半端。

田中麗奈へのスポットの当て方も中途半端で意識をそこに集中させていいんだかよくわからんし。

アレなら室井の過去話もいらないし。

もっとカタルシスを感じさせてください。

「やりきれない」っていう感情を感じたいわけですよ。



そういうことで☆2。

監督が違うってのもやっぱり影響がありますね。



ちなみに初日でも午前中一発目は空いてるもんです。

周りに人がいなくて快適でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)