思わず体が震えてしまうくらいの出来だった『おくりびと』

予告観てて元々観たかったってのもあり、
会社で試写会のチケット貰ったってのもあって観に行ってきました。
結論から言うと☆4です。観て良かった。

主要キャラだけに焦点が当たっていて、出演者もあまりいないし、物語もシンプル。
先も読めるし、大どんでん返しみたいなものもないけど、
だから逆に映画へと引き込む力がすごいなぁと思いました。

前半は会場のところどころで大きな笑い、後半はところどころですすり泣き。
そんな映画は久々でした。

まず、本木雅弘の山崎努の演技が素晴らしい。
特に本木雅弘は適役だったなぁ。
2人の掛け合いは見ていて飽きなかったし、
台詞がないところの間がとても良かった。
間が良いってのは映画全体通して言えることだけど。
言葉よりも視覚的に魅せる部分が多かった映画だなぁと思う。

周りの演技もとても良かった。
余貴美子が美人だったし、広末涼子がかわいかったし、とかそういうのも良かったんだけど演技が良かった。
あと、劇中通して「音楽いいなぁ」と思ってたらエンドロールに「久石譲」って流れて。
「あぁ、やっぱり音楽によって印象が変わるもんなんだなぁ」と思いました。

「納棺師」って初めて知ったんだけど、この映画観たらやりたい人増えそうだな。
かっこよすぎる。
山崎努がやってるときも本木雅弘がやってるときも「映えるなぁ」とただ感じました。
見てて目を奪われて、思わず自分のばあちゃんのこと思い出したり。
特に後半の銭湯でのシーンではなんだか体の震えが止まらず仕方なかった。
あれは映画館が冷えてたからって理由じゃないと思う。
僕、緊張するとそうなったりするし。

欲を言えば前半が結構テンポ良くて面白かったから最後もっと間延びして余韻残してくれても良かったなと思います。
この監督の映画はシンプルなの多いからこれはこれで良いかなとも思うけど。

続きを読む "思わず体が震えてしまうくらいの出来だった『おくりびと』 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛おしき隣人がカオス過ぎてクスクスくる

スウェーディッシュラブストーリーを観て、同じ監督の愛おしき隣人を観た。
# いつも通り映画の情報調べてなかったのだけど、
# 上に出てる画像だけ見てたから映画のイメージが全然違った笑


スウェーディッシュラブストーリーのユーモアとそれ以上のつぎはぎ感。
周りの人の笑いが笑いを誘って楽しい雰囲気で観られた。
シュールな笑いってこういうこと言うんだろうな。
言葉で説明されるわけでもなく、ただ日常を描いていて
そして本人たちにとっては不幸でもあるのに、それを見てる僕らは笑ってしまう。

そんなミニミニストーリーがたくさん。

ところどころで「今のシーンの意味はなんだったんだろ?」って考えたり。


表現が細かいよね。
ちょっとした驚きの表情や、メインとなってる話以外でのやりとりとか。
葬式で「演奏の音ちょっと大きいよ」みたいなのを後ろでやってたり。
プロの役者さんは一人だけらしいけど、みんな自然な動きをしてる


何となくボーっと見てるにはとても良い映画。
コーヒー&シガレッツ観たい時と同じ感覚かな。

ということで☆4。
オチとかカオスだけど☆4。
一応イントロに繋がってたのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『相棒』は事件後から始まる

事件解決後から面白かった。

前半もそれなりに面白いけど、
全体的に見ると、宣伝で出て来るマラソンや爆破シーンはどうでも良い感じ。
むしろ、どちらかというと出来が悪いくらい。
途中間延びしてしまうからハラハラ感が途切れ途切れになるのよね。

でも事件解決後からは面白い。
もっと時間割いて作り込んで欲しかったなぁって思ったくらい良かった。
後半部分ではそれぞれのキャラがあんまり出なかったのが残念。
出演者多かったから仕方ないとは思うけど、前半にちょこちょこ色々だすなら後半でもっと絡むシーン作って欲しかったな。

とはいえ、宣伝で前半部分をあそこまで押して全貌をはっきりさせないってのは良かったと思う。
こんな話になるとは思わなかったし。
ただ、物議を醸すだろうなぁと。
フィクションとは言え、実際の事件を思い出させるし。
心臓弱い人はちょっと辛そう。

総じて、HEROなんかに比べたら「映画」になってた。
2時間のテレビスペシャルも出来が良いときあるから難しいところだけど、
テレビでやったら「あぁこれ扱うんだ」って感じで批判受けたり安っぽくなりそうなのを、
デカいスクリーンで見せる演技でまとめてる。
水谷さんとか西田さんとかね。
どアップが素晴らしかった。

ということで☆3。
前半がちょい足引っ張ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)