« 夏休み終わった | トップページ | 『流星の絆』はドラマにしやすそうだな »

『パコと魔法の絵本』観ると、映画は現実味がないのも魅力の一つだよねって思う

正直『嫌われ松子の一生』とか『下妻物語』は興味なくて、元々これも観る気がなかったのだけど、

LAUNDRYでパコのTシャツ買ったのと、京急の中で散々広告貼ってあったから結局気になって観てみた。

予告でパコがとてもかわいかったというのもあるのだけど。

で、観てみたらとても良かったよ。

『嫌われ松子の一生』のときはグラフィックにやっぱり違和感があったのだけど、

今回のはおとぎ話っぽくもあって、とても自然だった。

ってか、この表現じゃなかったらここまで面白くなかったろうな。

CGもメイクも色使いもどれもこれも良いグラフィックでした。

パンフレットに、

自分としては見かけのリアリズムはどうでもよくて、感情のリアリティさえきちんと描いていればお客さんはきっと楽しんでくれると思ってる。

だって、そうじゃなかったら、アニメには心を動かされないってことになっちゃうわけでしょ

っていう監督の言葉が書いてあったけど、なるほどなぁと思った。

確かに舞台なら客がわかりやすいように大げさなメイクをしたりするし、

そういうのを考えたら全然問題ないんだなって納得。

キャラそれぞれのシリアス、ギャグの演技も面白くて、

うまい具合にバランス取れてる。

上川さんの真面目なギャグの演じ方は他の作品でも観たいなって思いました。

あぁ、あと妻夫木が出てることを最後まで忘れてたよ。

初め安藤くんかと思って「あれ?違うな」ってなり、「誰だろう?」ってなったまま終わりました。

妻夫木に関心がなかったけど、今回の演技はちょっと見直した。

それと阿部サダヲがいなかったらこの映画成り立ってないなって思った。

見事。

ホントすばらしい。

アクが強い阿部サダヲをこの映画が上手く取り込んでるとも言えるし、

阿部サダヲがこのトンでも映画と現実部分を上手くつないでるとも言えるし。

映えてるなぁと色んな場面で思いました。

色んなキャラの不自然な動きが自然に見えてくるのも阿部サダヲの自然さのおかげにも思える。

まぁ、そんな色んな個性強いキャラがいる中でパコ役のアヤカ・ウィルソンが見劣りしないのがすごいよね。

見劣りしないっていうか、見事に際立ってるよね。

ひとりだけメイクしてないからっていう特徴もあるんだけど、

子供らしさのかわいさが笑顔と演技に溢れてる。

観ててニコニコしてしまうものね。

これで映画デビューなんだから驚くよね。

監督やスタッフや出演者に恵まれてたんだろうな。

初作品がこれで良かったと思う。

「ガマ王子!ガマ王子!」

って台詞は何度も聞いていたいくらいかわいい。

簡単な話だから最後まで何となく話は見えちゃうかもだけど、

ところどころにあるギャグとか、現在と回想に分けてある所とか、

何よりCGとかのグラフィックで全然飽きずに観られると思う。

エキストラ役全部探せなかったしね。

貫地谷しほりとかエンドロールで出てるの気づいたよ。

全体的にキレイな映画だったからDVD買おうかな。

ちなみに下のTシャツがランドリーで買ったやつ。

映画の中では一瞬しか映らないから気づかないかも。

080920_001329_2

|

« 夏休み終わった | トップページ | 『流星の絆』はドラマにしやすそうだな »

☆4」カテゴリの記事

映画は行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/42706408

この記事へのトラックバック一覧です: 『パコと魔法の絵本』観ると、映画は現実味がないのも魅力の一つだよねって思う:

« 夏休み終わった | トップページ | 『流星の絆』はドラマにしやすそうだな »