« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

もっと分厚い感じで読みたかったグラスホッパー

陽気なギャングを読み終わり、次に手に取ったのがグラスホッパー

殺し屋たちと妻の復習をしようとする一般人「鈴木」が交錯していく物語。

鈴木を中心として殺し屋たちの物語は繋がっていき、鈴木は自分の周りで何が起こっているのか気づかずに非日常の世界にどんどん進んで行く。



他の作品よりも表現が写真的で、重いカットを繋いでいるような感じなのだけど、

それなのにカット一つ一つの言葉の選び方が淡々としていて、無機質な印象もある。

そして、そこに鈴木が間の抜けた感じで存在するから変な日常感が生まれてる。



物足りなかったのは最後があっさりだったところかな。

もっと分厚い本で読んでみたかった。

終盤の押し屋がする説明場面が唐突で、そこの内容自体は面白いのに、いきなりポンとカットを差し込んだ感じ。

「押し屋」がもっと前に出てきても良かったんじゃないかなと思う。

途中まで読んでいて「押し屋」っていうものにずいぶん期待をしてしまったんだろうな。

「こんなにみんなが探す押し屋がこの先出てくるのか!」って感じで。

でも、あっさりなこと自体は問題ないのかも。

「現実は結局こういうものだよ」っていう意味にも受け取れるし、何より重要なのは鈴木だと思うし。

ただ、槿家族が好きだったからかな。

もっと色々とエピソードが欲しかったと思ってしまった。

そっからラストもいきなりなんだよね。

いきなり全てが終わってしまう。

寺原のことも令嬢のことも殺し屋たちのことも。

いっきに終わってしまう。あっけらかんとしてしまう。

いきなり日常に戻される。



そういうこともあって今回は消化不良な感じでした。

ただ、現実と架空の引用は今回もいろんなところで使われてて良かった。

「ジャック・クリスピン」だったり「ガブリエル・カッソ」だったり。

 

特にガブリエル・カッソは、

「ガブリエル・カッソの『抑圧』か。面白そう。あとで観てみよ。」

なんて思い、その後ググって「わー、やられたー」ってなったよ。

架空の話なのね。わざわざ「抑圧」が関連検索に出るくらいみんなひっかかってるよ。



あと、 鈴木の妻の描写は少ししか出てこないのに、それでもかわいいってのが良くわかる。

「ねぇ、これ、食べる気しない?」先ほどまでの堂々たる物言いなど忘れたかのように彼女は、鈴木に言った。

こういうのを読んでやっぱりキャラの作り方が上手いなぁと思った。

キーワードを少しずつ散りばめて印象的な台詞を作るだけでキャラってのは出来上がるものなんだなぁと。



あと子供たちがかわいくて読み終わったあと、「バカジャナイノー」は口に出して言いたくなるよ。

「回送電車はまだ、通過している。」で終わっていくのも結構好きですね

グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
伊坂 幸太郎
角川書店
売り上げランキング: 934
おすすめ度の平均: 4.0
5 最後の1行を読んだ時、もう一度読み返したくなりました
4 人間は虫に近い
5 始めて読んだ『伊坂』作品。
3 不思議な感触
5 うん、オモロ

続きを読む "もっと分厚い感じで読みたかったグラスホッパー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッシュライフとかオーデュボンの祈りに比べると「陽気なギャングが地球を回す」は安心して読める

サクサクと伊坂幸太郎作品読み進めてきて、映画化もされた「陽気なギャングが地球を回す」読み終わった。

チルドレンみたいにサラッと読めて良かった。

伊坂作品に良く出てくる、人間の悪の部分だけ取り出したような悪役も今回は出なかったし。

(神崎は嫌な悪人で、多分そのポジションなんだけど、他の作品に比べると残虐な感じがしなかった。あんまり表現が出てこなかったってのも大きいかな)

重くなく、サラッと読めて、爽快な感じになる良い作品だったね。

デカイどんでん返しはなかったけど、群集劇の伏線の回収方法は上手いよね。



伊坂作品は設定の奇妙さを特徴にあげられてて、やっぱりこの作品もそうだったりする。

まず、銀行強盗が主役だし。

ここはまぁよしとして、キャラそれぞれが特殊能力を持ってたりする。

普通に考えると現実味ないんだけど、読んでると不自然な感じがしない。

その能力に関係なく話がシンプルに進んで行くからだと思う。

で、その話の方に魅力がたっぷりだから特殊能力なんてもう全然気にならなくなる。

たとえば、現実の引用だったり、架空の引用だったりを混ぜて多用するから現実感に厚みが増す。

で、それはキャラの形作りにも作用していて、特殊能力以外の特徴に目が行くようになる。

キャラの表現方法が多様なんだろうね。台詞回しとか。

冷静で先の先まで見透かす成瀬、口達者な響野、汚れがない動物みたいな久遠、堂々として強気な雪子。

一言で書けばこんなんだけど、実際はこんな表現じゃ全然物足りない。

それぞれのやり取りや台詞、色んな引用で肉付けされてく。



キャラそれぞれで言うと、

成瀬の「人間は行動をする時に『主人』を拠り所にしているから、銀行強盗が仕事をやり遂げるためには『主人』にならなくちゃいけない」ってのはなるほどなって感心した。

こういう言葉からも頭がいいなってのが伝わってくる。

で、とにかく冷静なんだよね。

響野に対して「早く宇宙人が来ればいいな」って言っちゃうとこだとか笑ってしまった。



純粋な久遠もいい。

普通の人間とは違う考え方、感じ方をする。そこがいい。

「神様は人間の犯罪記事を上から眺めながら自分の責任と感じてるのかも」って言っちゃう所は感心しつつも、かわいらしさを感じる。

久遠はかわいらしい。ワースト3がコロコロ変わるところとか、思わずニヤニヤしてしまう。



「いいか、よく聞いておけよ」って大げさな前置きをする響野には大笑いしてしまう。

響野の演説はきっと誰でも聞いてみたくなると思う。

確かに演説をする強盗なんて居たら少しは気が楽になるのかな。



雪子は話の軸になってるから色んな姿が見える。

冷静だったり、強気だったり、でも弱い所もあったり。

雪子のエピソードが軸になってるから、後半に効いてくる。



4人が出会うエピソードも途中で描かれてるのがまた良い所だろうな。

回りくどくなくすっきり説明されてるのが良いのだよね。

他の事件も読んでみたいなって思わせる。



終盤の「君を驚かせたかった」は洒落てるね。

とても気分がいい。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
伊坂 幸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 1634
おすすめ度の平均: 4.0
2 禅問答?
5 軽快なリズム感
3 ポップ
4 趣向を変えて
5 活きな連帯感がステキ

続きを読む "ラッシュライフとかオーデュボンの祈りに比べると「陽気なギャングが地球を回す」は安心して読める"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『流星の絆』はドラマにしやすそうだな

ドラマ観てからだと先入観出て原作楽しめないから始まる前に友達に借りてきた。

いつも通りの東野圭吾だった。

最初の伏線を最後の最後で回収する。

すばらしいね。

きっと推理もの好きな人は「こんなの後だしジャンケンみたいじゃん」とか言うんだろうけど、

東野圭吾の話ってそういう所を楽しむんじゃなくて、人間の愚かしさとかそういうのを出してきて、

「ね?どう思います?この行動は正しいと思いますか?間違ってますか?」

って投げかけてくる感じが面白い。



今回は功一が探偵役となったわけだけど、

「冷静で知識があって頭が良くて」って、完璧な人間のように描かれながら、

実際は結構抜けがあったってことが後々わかる。

「功一の盲点はここですよ」って最後に書かれてわかる感じ。

そういうところが面白い。



あと、今回は文章の良さって言うよりも、話の流れが面白かったから映像化しやすそうだなって思った。

白夜行のドラマは、「キャラクター」を外側から作ってる所が面白かったのにそれが全くなくて初めのシーンで見限ったけど、これは全く別ものとして観れそう。

静奈は戸田恵梨香だっけ?って思いながら読んでみたんだけど、結構しっくり来たし。

あと、全く共感できないキャラとかが出てこなかったり、最後の終わり方も他の話よりドラマっぽいとことかも映像化の違和感なさそう。



ただ、逆を返すと、気持ち悪さとかそういうのが少なかったのが残念。

悪意 とか容疑者Xの献身とか後味の悪さも東野圭吾作品読む楽しみになってるので。

そういう意味では他の作品に劣るかな。

さっくり読むにはちょうど良い話です。



かなり盛り上がって「もう終わりそう!」ってドキドキしてるのに本の残り見てみるとまだ1/3くらいあって「おぉ、まだ結構あるな」ってなった。

前半の詐欺技術の話も結構面白くてそれが長く続くのかなと思ったら、

案外早く本題に入ってく感じで「あれ?もう本題?」ってなったんだけど、後半が結構色々動くからだったのね。

静奈の心の動きと、それを見守るちょっと頼りない泰輔の感じが好き。

流星の絆
流星の絆
posted with amazlet at 08.10.07
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 78
おすすめ度の平均: 4.0
5 まだまだ飽きない
4 最後まではらはらしました。
3 白夜行には劣る
5 帯のバカ〜
3 普通・・・
    $

    続きを読む "『流星の絆』はドラマにしやすそうだな"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    『パコと魔法の絵本』観ると、映画は現実味がないのも魅力の一つだよねって思う

    正直『嫌われ松子の一生』とか『下妻物語』は興味なくて、元々これも観る気がなかったのだけど、

    LAUNDRYでパコのTシャツ買ったのと、京急の中で散々広告貼ってあったから結局気になって観てみた。

    予告でパコがとてもかわいかったというのもあるのだけど。

    で、観てみたらとても良かったよ。

    『嫌われ松子の一生』のときはグラフィックにやっぱり違和感があったのだけど、

    今回のはおとぎ話っぽくもあって、とても自然だった。

    ってか、この表現じゃなかったらここまで面白くなかったろうな。

    CGもメイクも色使いもどれもこれも良いグラフィックでした。

    パンフレットに、

    自分としては見かけのリアリズムはどうでもよくて、感情のリアリティさえきちんと描いていればお客さんはきっと楽しんでくれると思ってる。

    だって、そうじゃなかったら、アニメには心を動かされないってことになっちゃうわけでしょ

    っていう監督の言葉が書いてあったけど、なるほどなぁと思った。

    確かに舞台なら客がわかりやすいように大げさなメイクをしたりするし、

    そういうのを考えたら全然問題ないんだなって納得。

    キャラそれぞれのシリアス、ギャグの演技も面白くて、

    うまい具合にバランス取れてる。

    上川さんの真面目なギャグの演じ方は他の作品でも観たいなって思いました。

    あぁ、あと妻夫木が出てることを最後まで忘れてたよ。

    初め安藤くんかと思って「あれ?違うな」ってなり、「誰だろう?」ってなったまま終わりました。

    妻夫木に関心がなかったけど、今回の演技はちょっと見直した。

    それと阿部サダヲがいなかったらこの映画成り立ってないなって思った。

    見事。

    ホントすばらしい。

    アクが強い阿部サダヲをこの映画が上手く取り込んでるとも言えるし、

    阿部サダヲがこのトンでも映画と現実部分を上手くつないでるとも言えるし。

    映えてるなぁと色んな場面で思いました。

    色んなキャラの不自然な動きが自然に見えてくるのも阿部サダヲの自然さのおかげにも思える。

    まぁ、そんな色んな個性強いキャラがいる中でパコ役のアヤカ・ウィルソンが見劣りしないのがすごいよね。

    見劣りしないっていうか、見事に際立ってるよね。

    ひとりだけメイクしてないからっていう特徴もあるんだけど、

    子供らしさのかわいさが笑顔と演技に溢れてる。

    観ててニコニコしてしまうものね。

    これで映画デビューなんだから驚くよね。

    監督やスタッフや出演者に恵まれてたんだろうな。

    初作品がこれで良かったと思う。

    「ガマ王子!ガマ王子!」

    って台詞は何度も聞いていたいくらいかわいい。

    簡単な話だから最後まで何となく話は見えちゃうかもだけど、

    ところどころにあるギャグとか、現在と回想に分けてある所とか、

    何よりCGとかのグラフィックで全然飽きずに観られると思う。

    エキストラ役全部探せなかったしね。

    貫地谷しほりとかエンドロールで出てるの気づいたよ。

    全体的にキレイな映画だったからDVD買おうかな。

    ちなみに下のTシャツがランドリーで買ったやつ。

    映画の中では一瞬しか映らないから気づかないかも。

    080920_001329_2

    続きを読む "『パコと魔法の絵本』観ると、映画は現実味がないのも魅力の一つだよねって思う"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »