« 崖の上のポニョは面白いけど映画じゃなくても良い | トップページ | ジョーカーのカリスマ性が怖すぎるダークナイト »

少しでも時間があるのなら「最後の授業」は見るべき

もし、その少しの時間もないって言うなら、なおさら見た方が良い。

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 10
おすすめ度の平均: 4.5
5 ■心に響きますね■
5 メッセージを受け止め、歩き出す
5 子供に遺したい一冊
5 彼の生き様が好きだから
4 最後に残したいもの

404 Blog Not Found:「最初の講義」 - 書評 - 最後の授業.

もし本書で泣くのだとしたらそれは死に逝く著者に対する悲しみの涙ではなく、笑い(すぎ)による涙であるはずだ。

[を] ランディ・パウシュ教授の最終講義の日本語字幕入りビデオが登場!.

先日このブログで紹介して大きな反響のあった 「ランディ・パウシュ教授の最終講義」[2008-04-01-1] ですが、ついに日本語字幕入りのビデオが登場しました!

 

この間亡くなったことを知り、そこから遡って色々みて、

こんなに色んなところで話題になってる授業はどんなものだろうと早速買ってみた。

そして普段味わえない濃密な時間を得た。

1時間半もない授業は、とても1時間半なんて短さに感じず、とてもすばらしい授業だった。

ユーモアに溢れ、笑いなしでは見ていられなかった。

少し経っては笑い、また少し経っては笑い。

それを繰り返していたらあっという間に授業が終わった。

そんな中でいくつもの心に残る言葉や印象を残すプレゼン能力に感動した。

見ながらすごく笑ってたのに、後半に奥さんに向ける愛情は思わず涙しそうになった。

 

ユーモアとユニークさは常に持つべきだと感じた。

楽しさに勝るものはない。

そして時間は有限だということ。

こんなに元気な姿なのにもう今はいないというのが信じられなかった。

今ボクが先延ばしにしようとしてる問題も、

どうしようかと悩んでる問題も、

今日このDVDを見たおかげでやる気が出た。

時間は限られてる。

だったら今動かないと遅いかもしれない。

ホントたった1時間半でモチベーションが上がった。

 

本はまだ半分までしか読んでないけど、

半分読んでるだけでまた気持ちが良くなったよ。

すばらしいことだ。

最後の授業の裏側も書かれてて、

DVDを見てるときには思いもしなかった本人の気持ちを読んでまたビックリした。

 

あんまり書いたら動画を見たときに笑いが薄れるけど、

ボクが印象に残ったことを少しだけ。

「間違ったことを正されるのは、それだけ期待されているから」

この言葉が好きです。

怒られたり、指摘されたりしたら嫌だなって思う。

でも、この言葉があることで次の状況が変わる。

その先が見えてくる。

この言葉というか、これを意味することはよく言われることだから、

多分前にもどこかしらで聞いてると思う。

でも、今回はところどころで言い方を変えてこの話が出てきたのでとても印象に残りました。

そして笑いに混ざってたから。

授業の中で出てきた言葉を使うと、これも「頭のフェイント」なんだろうな。

404 Blog Not Found:「最初の講義」 - 書評 - 最後の授業.

まずは本書をひも解く前に、DVDをご覧頂きたい。

これはその通りだったね。

先に本を1ページでも開かなくて良かった。

動画を見てない人は5ページも開いちゃダメ。

それだけで笑いと印象が薄れちゃう。


本の中では、P.114の「コンバーチブルに乗った男」とP.128の「時間を管理する 息抜きをする」が好きです。

ボクも人生を楽しみたい。

そう心から思いました。

 

DVD付きの本を買うべきだなんてことは言わないから、

これを開いてここまで読んだなら今すぐにでも「最後の授業」の動画を見た方が良い。

タダなんだし、わざわざ見ない理由は何もないんだから。

|

« 崖の上のポニョは面白いけど映画じゃなくても良い | トップページ | ジョーカーのカリスマ性が怖すぎるダークナイト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/42056300

この記事へのトラックバック一覧です: 少しでも時間があるのなら「最後の授業」は見るべき:

« 崖の上のポニョは面白いけど映画じゃなくても良い | トップページ | ジョーカーのカリスマ性が怖すぎるダークナイト »