« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

思わず体が震えてしまうくらいの出来だった『おくりびと』

予告観てて元々観たかったってのもあり、
会社で試写会のチケット貰ったってのもあって観に行ってきました。
結論から言うと☆4です。観て良かった。

主要キャラだけに焦点が当たっていて、出演者もあまりいないし、物語もシンプル。
先も読めるし、大どんでん返しみたいなものもないけど、
だから逆に映画へと引き込む力がすごいなぁと思いました。

前半は会場のところどころで大きな笑い、後半はところどころですすり泣き。
そんな映画は久々でした。

まず、本木雅弘の山崎努の演技が素晴らしい。
特に本木雅弘は適役だったなぁ。
2人の掛け合いは見ていて飽きなかったし、
台詞がないところの間がとても良かった。
間が良いってのは映画全体通して言えることだけど。
言葉よりも視覚的に魅せる部分が多かった映画だなぁと思う。

周りの演技もとても良かった。
余貴美子が美人だったし、広末涼子がかわいかったし、とかそういうのも良かったんだけど演技が良かった。
あと、劇中通して「音楽いいなぁ」と思ってたらエンドロールに「久石譲」って流れて。
「あぁ、やっぱり音楽によって印象が変わるもんなんだなぁ」と思いました。

「納棺師」って初めて知ったんだけど、この映画観たらやりたい人増えそうだな。
かっこよすぎる。
山崎努がやってるときも本木雅弘がやってるときも「映えるなぁ」とただ感じました。
見てて目を奪われて、思わず自分のばあちゃんのこと思い出したり。
特に後半の銭湯でのシーンではなんだか体の震えが止まらず仕方なかった。
あれは映画館が冷えてたからって理由じゃないと思う。
僕、緊張するとそうなったりするし。

欲を言えば前半が結構テンポ良くて面白かったから最後もっと間延びして余韻残してくれても良かったなと思います。
この監督の映画はシンプルなの多いからこれはこれで良いかなとも思うけど。

続きを読む "思わず体が震えてしまうくらいの出来だった『おくりびと』 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョーカーのカリスマ性が怖すぎるダークナイト

すごいすごいと聞いて観に行ってみたんだけど、
その期待も裏切ってくれるすごい出来だった。

前作のバットマンビギンズではイマイチな所も結構あったんだけど、
今回はずっと目を離せなかった。

シリアスシーンのところどころに入るコメディタッチな所や、
「いやいやいやコレは有り得ないだろう!笑」って笑ってしまうくらいのカッコよさが、
映画のエンターテイメント性を高めてくれてる要素になってる。
ジョーカーの病院シーンは思わずかわいいと思ってしまったくらい。
格好といい、動きといい、ちょっと抜けてる所が堪らなく良かった。

見所がたくさんあって2時間30分飽きなかった。
ジョーカーの登場シーン。
バットマンの葛藤。
新兵器の数々(特にバットポッドが出てくるシーンは面白かっこいい!)。
人が悪に染まっていく過程。
それぞれのシーンを盛り上げる音楽。
ラストのかっこよさ。ゴードンの息子の言葉で救いがある。

でも、やっぱり一番はジョーカーの存在だった。
ジョーカーがホントに素晴らしい。
カリスマ性とシンボル性に圧倒される。
まずは登場シーンのインパクト。
気味の悪さとルール無視な恐怖をすぐに理解させてくれる。
そして出てくるシーンごとの声のトーンと表情の素晴らしさ。
そのカリスマ性にすっかり魅了された。
ヒース・レジャーの死によってもうこのジョーカーが観れないと思うと、
ただただ残念。
☆5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しでも時間があるのなら「最後の授業」は見るべき

もし、その少しの時間もないって言うなら、なおさら見た方が良い。

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 10
おすすめ度の平均: 4.5
5 ■心に響きますね■
5 メッセージを受け止め、歩き出す
5 子供に遺したい一冊
5 彼の生き様が好きだから
4 最後に残したいもの

404 Blog Not Found:「最初の講義」 - 書評 - 最後の授業.

もし本書で泣くのだとしたらそれは死に逝く著者に対する悲しみの涙ではなく、笑い(すぎ)による涙であるはずだ。

[を] ランディ・パウシュ教授の最終講義の日本語字幕入りビデオが登場!.

先日このブログで紹介して大きな反響のあった 「ランディ・パウシュ教授の最終講義」[2008-04-01-1] ですが、ついに日本語字幕入りのビデオが登場しました!

 

この間亡くなったことを知り、そこから遡って色々みて、

こんなに色んなところで話題になってる授業はどんなものだろうと早速買ってみた。

そして普段味わえない濃密な時間を得た。

1時間半もない授業は、とても1時間半なんて短さに感じず、とてもすばらしい授業だった。

ユーモアに溢れ、笑いなしでは見ていられなかった。

少し経っては笑い、また少し経っては笑い。

それを繰り返していたらあっという間に授業が終わった。

そんな中でいくつもの心に残る言葉や印象を残すプレゼン能力に感動した。

見ながらすごく笑ってたのに、後半に奥さんに向ける愛情は思わず涙しそうになった。

 

ユーモアとユニークさは常に持つべきだと感じた。

楽しさに勝るものはない。

そして時間は有限だということ。

こんなに元気な姿なのにもう今はいないというのが信じられなかった。

今ボクが先延ばしにしようとしてる問題も、

どうしようかと悩んでる問題も、

今日このDVDを見たおかげでやる気が出た。

時間は限られてる。

だったら今動かないと遅いかもしれない。

ホントたった1時間半でモチベーションが上がった。

 

本はまだ半分までしか読んでないけど、

半分読んでるだけでまた気持ちが良くなったよ。

すばらしいことだ。

最後の授業の裏側も書かれてて、

DVDを見てるときには思いもしなかった本人の気持ちを読んでまたビックリした。

 

あんまり書いたら動画を見たときに笑いが薄れるけど、

ボクが印象に残ったことを少しだけ。

「間違ったことを正されるのは、それだけ期待されているから」

この言葉が好きです。

怒られたり、指摘されたりしたら嫌だなって思う。

でも、この言葉があることで次の状況が変わる。

その先が見えてくる。

この言葉というか、これを意味することはよく言われることだから、

多分前にもどこかしらで聞いてると思う。

でも、今回はところどころで言い方を変えてこの話が出てきたのでとても印象に残りました。

そして笑いに混ざってたから。

授業の中で出てきた言葉を使うと、これも「頭のフェイント」なんだろうな。

404 Blog Not Found:「最初の講義」 - 書評 - 最後の授業.

まずは本書をひも解く前に、DVDをご覧頂きたい。

これはその通りだったね。

先に本を1ページでも開かなくて良かった。

動画を見てない人は5ページも開いちゃダメ。

それだけで笑いと印象が薄れちゃう。


本の中では、P.114の「コンバーチブルに乗った男」とP.128の「時間を管理する 息抜きをする」が好きです。

ボクも人生を楽しみたい。

そう心から思いました。

 

DVD付きの本を買うべきだなんてことは言わないから、

これを開いてここまで読んだなら今すぐにでも「最後の授業」の動画を見た方が良い。

タダなんだし、わざわざ見ない理由は何もないんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »