« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないが本になるらしいよ

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

すげーね。確かに読んでて面白かったものね。次はまだかねって。

プログラム系やったことある人だと想像できるから面白い。

作り話かもしれないけど、次から次へと繋がるドラマ感が面白かったなぁ。

後輩に見せるために買おうかな。

モチベーション上がるし。

会社の経費で買ったら怒られるかな。

リンク: ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない まとめ 書籍化:ハムスター速報 2ろぐ.

第一部
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-217.html
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-218.html

第二部
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-223.html

第三部
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-224.html

第四部
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-239.html

第五部
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-242.html

完結
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-243.html


| | コメント (2) | トラックバック (0)

「重力ピエロ」読むと家族っていいなって思える

春がめちゃくちゃかっこいい。

twitterを見てたまたま読み始めた本だけど、
あとあとアヒルと鴨のコインロッカーの人の作品だと知った。
活字の本読むなんて昔はなかなかなかったから有名でも知らないものです 。

話は推理と心理ドラマと芸術感を織り交ぜたような感じ。
主人公と、その弟の春、病気の父親に、かっこいい母親、そして胸糞悪くなる悪役。
主人公は春のことがとても好きで、その春のために悪役を追い詰めようとしている。
それが主軸。そこに、街で起きている奇妙な連続放火の話が加わる。
思い出話が広がって全ての事件が解決する。すっきりする。

初めてこの人の小説を読んだだけあって不思議な感じだった。
すごい短い短編が繰り返され、そこで主人公とその弟の春の思い出話などが淡々と書かれていく。
そうやって春のキャラクターが作られていく感じ。

主人公の弟への尊敬や憧れの気持ちがすごく伝わってくる。それに愛情も。
物語の主軸が、春のために行動を起こそうとする主人公の姿だから、
なおさら春への思いを感じる。

行動自体は悪いことなのに読んでて良い気分になるのは、
家族の繋がりがとても強く書かれているからだろうな。
素晴らしい。ホントに素晴らしい。
こんな家族はいいなって思う。

最後のシーン、父親の、
「俺に似て、嘘が下手だ」
の一文は感動してしまった。

かっこいいってのは、こういう何気ない一言が自然に言えるかどうかなんだろうな。
ホント最強の家族だ。

重力ピエロ
重力ピエロ
posted with amazlet at 08.06.04
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 85350
おすすめ度の平均: 4.0
3 テレビドラマ
3 若い人には受けるかのかも
4 親子、兄弟の絆>ミステリー
5 伊坂ワールド、もう少し知りたくなりました。
2 期待外れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »