« 2007年12月 | トップページ | 2008年5月 »

『転々』は映画だった。『イン・ザ・プール』はコントだった。

転々

転々』とても良かった。

訳のわからない展開から始まり、そこから小さな笑いを存分に取り入れ、

で、重苦しい話を一気に楽しい雰囲気にもってってた。

終わりに近づくにつれて寂しい思いが強まり、見終わった後に切なさがいっぱい。



オダギリジョーと三浦友和のやり取りがまず面白かったし、

次々と出てくるキャラクターの魅せ方がとても上手かった。

小泉今日子は相変わらず美人だったし、後半に出てた「ふふみ」がメチャクチャかわいい。

あんな娘が欲しいなぁと思ってしまった。

#「ふふみ」役の吉高由里子って子、「あしたの、喜多善男」にも出てるのよね。
#違いすぎて名前見るまで全然気づかなかった。

最後の擬似家族のシーンを見てると「このままずっと続けばいいのに」って思うくらい良い家族に見えた。

オダギリジョーの気持ちが変わっていくのもすごい納得する。

全然ハッピーエンドではないし、笑えない話ではあるんだけど、寂しくなったらまた見返したくなりそうだな。

☆4。



で、『イン・ザ・プール』。

「久々にDVD借りるかぁー」って思い、『転々』観た流れだし監督の「三木聡」つながりで借りた。

結構面白いって聞いてたし。

でも、『転々』観た後だったってのがまずかったな。

『転々』があまりにも良い「映画」になってたから『イン・ザ・プール』が「コント」にしか見えなかった。

オムニバスの3本を混ぜた感じの作りになってるから、つながりがないのは多少仕方ないんだけど、

それでもコントコントしてたなぁ。

ラーメンズの劇を見てる感じだった。

小さい笑いやネタは『転々』の方が断然多かった気がするんだけどね。不思議。

感じとしては、『転々』は止めずにずっと最後まで観たいって映画だけど、

『イン・ザ・プール』はところどころで止めてもいいかなぁって思える映画。

映画としては1本丸々見せるほどの力がないんじゃないかなって感じる。

ってことで☆2でした。

観るタイミングもあるんだろうけど。

『転々』観た後だと『時効警察』も印象が弱いなぁって感じがするし。

イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
posted with amazlet on 08.01.20
ポニーキャニオン (2005/10/19)
売り上げランキング: 10447
おすすめ度の平均: 4.0
3 「時効警察」に比べると・・・・・・
3 小説とは別物として
3 人類のほとんどはダメなのだ〜
時効警察 1巻
時効警察 1巻
posted with amazlet on 08.01.20
角川エンタテインメント (2006/06/23)
売り上げランキング: 50793
おすすめ度の平均: 4.0
3 ほのぼの警察だよ〜 ^^
5 最高の一言!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年5月 »