« 『傷だらけの男たち』のEDはねーよ | トップページ | 『ガリレオ』見てみたけど品川がいらない »

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は確かに面白かった

リンク: いっちにぃさんぽ: エヴァが映画化とな?.

多分観に行ってしまうんだろうな。

と言うことで観に行ってきた。

「絵が綺麗になっててすごい」ってのは色んな所で聴いてた通り、

確かに迫力あるところは迫力あり、でもアナログっぽいところはアナログっぽいって感じで良かった。

ラミエルの動きのきれいなこと、きれいなこと。

あんな動きするとは思わなかったよ。

家で観直してみたら絵本みたいで笑った(笑

復習のために19話まで観てたのに、映画観たせいで落差でかいなぁ。

あと、音の使い方がとても上手いよね。

絵と音の両方がないと迫力全然違うだろうなぁと思った。



ストーリーのことで言うと、やっぱり気になったのはシンジのキャラかな。

リンク: エヴァンゲリオン特集.

主人公が何度も同じ目に遭いながら、ひたすら立ち上がっていく話です。

わずかでも前に進もうとする、意思の話です。

この文を見た時点で結構違和感があり、

「シンジってそんなキャラだっけ?ひたすら煮え切らない態度を取る思春期の子供じゃなかったっけ?」

って思ってた。

で、映画観てやっぱりキャラが変わってるなぁと。

だいぶかっこよくなってるよね。

外見だけのせいでなく、明らかに性格が前向き。

表情とか行動でも。

カヲルくんの最後の発言で、

「輪廻で繰り返されてるのかな?だから『同じ目に遭いながら、わずかでも前に進む?』なのかな?」

ってのも考えたけど、キリスト教には輪廻がないよね。

なんだろ。かっこよすぎちゃうとシンジの良さが出ないんだけどな。

あの曖昧さが思春期の気持ち悪さを表してて良いのに。



映画館で観ておいて良かった。

宇多田ヒカルの曲に合わせて流れるスタッフロールも良かったし。

あぁ、そうだ。

スタッフの中に出渕さんがいてビックリした。

エヴァの初期に手伝ってたってのも今回初めて知ったよ。

|

« 『傷だらけの男たち』のEDはねーよ | トップページ | 『ガリレオ』見てみたけど品川がいらない »

☆4」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

俺も新劇版見ました~。
ラミエルの変形は確かにすごかったですよね!
技術の進歩ですね~。シンジはさわやかになりすぎてた感じがしましたね~。
2部を楽しみにしたいと思います!

投稿: 少年 | 2007年10月23日 (火) 12時44分

> シンジはさわやかになりすぎてた感じがしましたね~。
まとめられてる分さらにそう感じたかも。
次回まで先長いなー。

投稿: monmon | 2007年10月24日 (水) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/16845239

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は確かに面白かった:

« 『傷だらけの男たち』のEDはねーよ | トップページ | 『ガリレオ』見てみたけど品川がいらない »