« どうしても我慢できずに声出して笑ってしまった『キサラギ』 | トップページ | はてブのタグが増えてきたから整理目的も兼ねてGreasemonkey作ってみたけどイマイチ »

Mac使いじゃないけど、「偶像復活」を読んでスティーブ・ジョブズを尊敬した

リンク: Life is beautiful: スティーブ・ジョブズ・偶像復活.

【追記】ちなみに、この本は、アップル側が出版社に対して出版の停止を求め、それに応じなかった出版社への制裁としてその出版社が発行している全ての書籍をアップル・ストアから撤去した

もともと、このエントリ見てからずっと読もうと思ってた本。

「面白くて一気に読んでしまうってどのくらいのものだろう」って気になってた。

Amazonのカートに入れっぱなしになってたんだけど、なかなか買うまでいけず、

そしたらたまたま本屋で見つけたのを機会に衝動買いしてしまった。


僕自身は全然Macを使わないんだけど、すっごい楽しめた。

小さい頃の話から始まってグイグイ引き寄せられるくらい面白い。

いろんな事件がどんどんどんどんつながっていく感じ。

裏を返せばスティーブ・ジョブスの周りにそれだけワイドショー的な要素があるってことなんだろうけど。

ただ、そのせいで時間軸がごちゃごちゃしてしまってるところもあり、

この著者の書き方に違和感を感じた。

最後に時間軸に沿った表が欲しかったな。

全然知識なしで読んだ感想から言わせてもらうと2回以上読まないとつながらないかも

「遡って」とか、「こういう記事もある」みたいな言い回しが多かったせいもあって「いつの話だ?」ってなってしまったのがちょくちょく。

#僕が伝記物を読みなれてないせいもあるのかもだけど。
#それと外人の名前が覚えられなかったから再登場とか気づかなかったり。。


スティーブ・ジョブスが怒るのもわかる気がする。

本人を描いてしまってるから「キャラクター」として作ってるようにも読み取れるんだよね。

本のとおり「偶像」として作ってる感じ。

だから「またまたぁ」とか「それは言いすぎじゃね?」とかそういう半信半疑の気持ちで読みました。

でも、人事なり、その当時のニュースなりがあるからホントの面が多いんだろうな。

実際、PIXARとディズニーの揉めてた事件は記憶にもあったし。

まさかスティーブジョブスが当事者だったとは思わなかったんだけど。

そういえば、この本を読んで初めて「PIXAR」のロゴにランプがある意味を知った

それだけでも僕の中で本を読んだ価値が十分にある。


あれだね。

スティーブ・ジョブスは僕のイメージと全然違った。

読む前は「すごいパフォーマンス能力があり、デザインセンスがある人」って感じだったんだけど、

読んでみたら職場にいる思いつきで仕事を進めちゃう上司くらい適当な人だった。

人の成功を自分の手柄にしちゃうことが何度あることか。

でも、やっぱりすごいんだろうなって感じた。

そういう適当な部分がありながら、それをどうでもよくしてしまうほどのカリスマ性がある。

そう感じた。

パフォーマンス能力とデザインセンスについても間違いなくあるんだろうな。

そしてかなりの運も。

読んだら仕事のモチベーションがあがった。

仕事してて上手くいかないことがあっても、

それが何かの成功につながるかもしれないんだからと。

スティーブ・ジョブズ-偶像復活
ジェフリー・S・ヤング ウィリアム・L・サイモン 井口 耕二
東洋経済新報社 (2005/11/05)
売り上げランキング: 5290
おすすめ度の平均: 4.5
4 抵抗できない現実歪曲空間
4 著者の書き方が気になる・・・
5 「伝記」として読まさせてもらいました

|

« どうしても我慢できずに声出して笑ってしまった『キサラギ』 | トップページ | はてブのタグが増えてきたから整理目的も兼ねてGreasemonkey作ってみたけどイマイチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/15550733

この記事へのトラックバック一覧です: Mac使いじゃないけど、「偶像復活」を読んでスティーブ・ジョブズを尊敬した:

« どうしても我慢できずに声出して笑ってしまった『キサラギ』 | トップページ | はてブのタグが増えてきたから整理目的も兼ねてGreasemonkey作ってみたけどイマイチ »