« すげぇテンポと動きが良いよ『鉄コン筋クリート』 | トップページ | マリー・アントワネットの視点だけの映画だった »

『カジノ・ロワイヤル』観て007がおバカ映画だったことを初めて知った

今まで観たことなかった007シリーズですが、映画館で予告編観てるうちに観たくなって観てきました。

いやぁ、すごかった。

オープニングの古臭さといい、んで、その後のアクション具合といい。

「そんなに体張ることないじゃん笑」

って思わず笑ってしまった。

「無駄にすごいなぁ」と。

そして「こんな派手なアクション映画だったんだねぇ」と。

と、思えばその後はずっと静かなシーンなんだよね。

メリハリ利いてて良かった。


あと、異様に早くカジノシーンが終わるし、と思ったらどんどん展開していくし、

「これ、どこが終わりなんだ?」って思った。

何度も「ここがエンディングか?」と思ったよ。

それで終わってみたら2時間半くらいやっててびっくり。

「えぇ?!そんなやってたの?」と。

そんだけ夢中で観てたんだろうな。面白かった。


ストーリー思い出しててちょっと気になったのが、

ヒロイン(ボンドガール?じゃないってどこかにあったよな)が道路に寝かされてボンドが轢きそうになるシーン。

普通に轢いちゃってたとしたらストーリー的に問題があるんじゃないの?って思った。


今回のボンドはガンガン失敗してすごい未熟な感じがするので、

たぶん今までのボンドとは違うんだよね。

これから第1作目に戻って一から観てみようかな。


個人的にはエンディングのボンドのセリフと、

それに続くテーマ曲を聴くだけでも映画館で観た価値はあるなぁと思った。

たぶん、アレンジの仕方がとてもいい。

#映画観た後に前回のテーマ曲を聴いてみた感じからすると。

管楽器のせいかな?聴いててすごい迫力あって生で聴きたいなぁと思った。

|

« すげぇテンポと動きが良いよ『鉄コン筋クリート』 | トップページ | マリー・アントワネットの視点だけの映画だった »

☆3」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/13304440

この記事へのトラックバック一覧です: 『カジノ・ロワイヤル』観て007がおバカ映画だったことを初めて知った:

« すげぇテンポと動きが良いよ『鉄コン筋クリート』 | トップページ | マリー・アントワネットの視点だけの映画だった »