« 舞台挨拶ごと楽しんだ『パプリカ』 | トップページ | ジグソウのキャラが良すぎる『SAW3』 »

最後がさっぱり過ぎたけど良かった『unknown』

パニックものでした。

「記憶を失った5人は誘拐犯と被害者」っていう面白い設定。

案外早く正体がわかるなと思ったけど、最後にもう一つ設定を付け加えてあって良かった。

でも、あれですね。

その設定を見せて客を驚かせるために作ったような感じも否めない。

最後の10分くらいが駆け足過ぎるかな。

それをダラダラやらなかったのが良かったってこともあるかもだけど。

「えぇ?!あっけなく問題解決?」

みたいに思った。

それでも結構ドキドキ感で楽しめたので☆4。

|

« 舞台挨拶ごと楽しんだ『パプリカ』 | トップページ | ジグソウのキャラが良すぎる『SAW3』 »

☆4」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/13204700

この記事へのトラックバック一覧です: 最後がさっぱり過ぎたけど良かった『unknown』:

« 舞台挨拶ごと楽しんだ『パプリカ』 | トップページ | ジグソウのキャラが良すぎる『SAW3』 »