« マイコンピュータの「このコンピュータに保管されているファイル」を変更 | トップページ | 映画館では見れただろうな『立喰師列伝』 »

『容疑者xの献身』を読んで次の日会社寝過ごした。

寝る前にちょっとだけ読んでから寝ようとしたんです。

半分読んでないくらいだったし、

ホントにちょっとだけ読んで寝ようかなって感じだったんです。

でもですね、読み進めていったらどんどんはまってしまい、

結局最後まで読んでしまったと。

気づけば午前3時過ぎ。

その前の日も同じくらいまで起きてたせいで次の日寝過ごしてしまいました。


何が面白いって、やっぱり話の流れの上手さです。

主人公の一人の湯川の推理に乗っかっていくと犯人のトリックに確かに気づけるんです。

トリックが最後まで説明される前に話の全部が見えた気になる。

最初からの伏線に気づき、思わず読み返したりして、

「うわぁこれはすごいや・・・」

って素直に感心する。

でも、それで話が終わらないんですよね。

まだページ数が結構ある。

「何が続くんだろう?」って読み進めていくと、

その後に犯人の行動と頭の良さに改めて感心してしまう。

鳥肌立つくらいの感動でした。

そこまでは読めなかった。と言うか、見事に作者のリードに引っかかった感じ。

途中にヒントは散りばめられてるんです。

読みながら犯人像のおかしさに「あれ?」って違和感もでる。

でも、それを深く考えさせる前に違う部分に惹きつけられてしまう。

だから、その違和感が薄れてしまう。

「一貫性のない描き方してるなぁ」って途中途中感じるのだけど、

それは自分の間違いだったんだと最後まで読んだ時に気づく。

その辺がすごいと思う。


他の作品にも言えることだけど、この作者の理系部分の話は好きですね。

主となる部分と別に理系の知識がところどころ入ってそれが上手くあってる。

専門的な話になってるからわからない所もあるのだけど、

それを話の流れで理解させてくれる。

そしてホントに「ハズレ」っていう作品がない。

ジャンルは違っても全部中身が面白いですね。

今回の『容疑者xの献身』を読む前に湯川が出てくる第一作『探偵ガリレオ』を読んだけど、

これはこれで短編集になってて面白かった。

サクっと読める感じがいい。

次は二つの間の作品にあたる『予知夢』かな。


容疑者Xの献身
容疑者Xの献身
posted with amazlet on 06.10.15
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 262
おすすめ度の平均: 4.81
5 素晴らしい。一気読み&電車乗り過ごし
5 すごいよ東野!
5 内面にある行動の価値基準
探偵ガリレオ
探偵ガリレオ
posted with amazlet on 06.10.15
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 23,196
おすすめ度の平均: 3.88
4 ハイテク殺人を解く物理学探偵の話。暇つぶしに好適。
3 ???
4 湯川と草薙

|

« マイコンピュータの「このコンピュータに保管されているファイル」を変更 | トップページ | 映画館では見れただろうな『立喰師列伝』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/12288677

この記事へのトラックバック一覧です: 『容疑者xの献身』を読んで次の日会社寝過ごした。:

» 『ガリレオ』見てみたけど品川がいらない [いっちにぃさんぽ]
品川がホントにいらないね。 原作にない役だからどれだけ重要なのかと思ったらギャグ [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 22時41分

« マイコンピュータの「このコンピュータに保管されているファイル」を変更 | トップページ | 映画館では見れただろうな『立喰師列伝』 »