« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

1万円札の指輪は流行っても良いと思った『虹の女神』

Rainbowsong 観てきましたよ。岩井俊二プロデュースの虹の女神。

今回の映画も良かった。

空気がとても。

いつも思うけど、岩井さんの空気感作りはとても上手いと思う。

シリアスな中に笑ってしまう雰囲気を出すのが上手いなぁと。

ギャグとかコメディで笑わせるんじゃないんだよね。

日常の中で思わず笑っちゃう瞬間ってのは誰でもあるわけだけど、

それを映画として表現している所がすごい。

バツイチのとことか、さぼてんの棘が指に刺さるとことか思わず笑ってしまった。

そして小道具の上手さが抜群。

花とアリスの時にも「おにぎりサンド」や携帯の着信音に感心したんだけど、

今回もまた感心してしまった。

1万円札の指輪とか、着信の時のハートの光とか。

「よくこういうの思いつくなぁ」ってただただ感心。

オーソドックスな話と言うか、「日常のあるひと時」ってのを描いている話って、

たまに退屈しちゃうようなものもあるけど、

こういった小道具みたいなものを散りばめられるとそれだけで話の深みが変わってくる。

話の全体に影響するんだよね。


みんな普通に生きていて、人生ってとても長くて、

「その中で1週間分を切り取って観てみる」

なんてことやっても大した話はできないよって思うけど、

それを映画にしちゃうのが岩井俊二のすごいところだなぁって思う。

確かに話の核となる「ある出来事」は存在しているんだけど、

それをただ点として表現するんじゃなく、

「日常の流れの中でそれが作られているんだ」

って線で表現されている感じ。

そのために日常のさまざまな話も小道具として表現しているのかなって。

そんな風に感じる。


そして演技している人たちがとてもすばらしい。

『リリイ・シュシュのすべて』の時の市原隼人がとても好きで、

最近のかっこよいイメージのある市原隼人は全く好きになれなかったし、

上野樹里も最近のイメージがあってイマイチ好きになれなかったんだけど、

映画の中の2人を観てるとそんなの一気に吹き飛んだ。

イメージで判断しちゃいけないんだなって思った。

上野樹里はさばさばした男女みたいな役を見事に演じきってたし、

市原隼人は優柔不断のダメ男を見事に演じてた。

「あぁ、2人ともすごいなぁ」って素直に感じました。

そのくらい入り込めた。

映画見たら確実に高感度あがりますね。


短編に分け、少しずつ智也とあおいの関係を表現されているから、

はじめの核心が大きくなって結末を迎える。

智也が昔を思い出しているように話が進み、

最後に智也の実感とともにエンドロール。

エンドロール中も智也とあおいが丁寧に描かれているような感じなのが良かった。

カメラマンだった篠田さんへの岩井さんの想いも含まれてるのかなって思った。


智也の優柔不断な気持ちとかをもっと描いてくれた方が、

個人的には最後の智也をリアルに感じられたかな。

前編から中編にかけてはすごい良かっただけにそこが残念。

短編で全然話が長く感じられなかったからもっと長くしても良かった。

でも、映像の良さとか演技とかそういうのがとても良かったので☆5に近い☆4。

また好きな映画ができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画館では見れただろうな『立喰師列伝』

押井守好きなことと、『UDON』が公開されてることもあって観てみた。

…『UDON』観てないけど。

これはすごいよ。

はっきり言って観てられない。

と言うか、家で2時間近く集中して観るのは無理ですね。

映画館で観るべき作品だ。

それならシュールで面白かったかも。

うる星やつらとかで脇役で出てる分には良いんだけどね、

主役でここまでシュールな作品だとこれは辛い。

短編で何本かに分けた方が面白いと思う。

ってことで☆1。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『容疑者xの献身』を読んで次の日会社寝過ごした。

寝る前にちょっとだけ読んでから寝ようとしたんです。

半分読んでないくらいだったし、

ホントにちょっとだけ読んで寝ようかなって感じだったんです。

でもですね、読み進めていったらどんどんはまってしまい、

結局最後まで読んでしまったと。

気づけば午前3時過ぎ。

その前の日も同じくらいまで起きてたせいで次の日寝過ごしてしまいました。


何が面白いって、やっぱり話の流れの上手さです。

主人公の一人の湯川の推理に乗っかっていくと犯人のトリックに確かに気づけるんです。

トリックが最後まで説明される前に話の全部が見えた気になる。

最初からの伏線に気づき、思わず読み返したりして、

「うわぁこれはすごいや・・・」

って素直に感心する。

でも、それで話が終わらないんですよね。

まだページ数が結構ある。

「何が続くんだろう?」って読み進めていくと、

その後に犯人の行動と頭の良さに改めて感心してしまう。

鳥肌立つくらいの感動でした。

そこまでは読めなかった。と言うか、見事に作者のリードに引っかかった感じ。

途中にヒントは散りばめられてるんです。

読みながら犯人像のおかしさに「あれ?」って違和感もでる。

でも、それを深く考えさせる前に違う部分に惹きつけられてしまう。

だから、その違和感が薄れてしまう。

「一貫性のない描き方してるなぁ」って途中途中感じるのだけど、

それは自分の間違いだったんだと最後まで読んだ時に気づく。

その辺がすごいと思う。


他の作品にも言えることだけど、この作者の理系部分の話は好きですね。

主となる部分と別に理系の知識がところどころ入ってそれが上手くあってる。

専門的な話になってるからわからない所もあるのだけど、

それを話の流れで理解させてくれる。

そしてホントに「ハズレ」っていう作品がない。

ジャンルは違っても全部中身が面白いですね。

今回の『容疑者xの献身』を読む前に湯川が出てくる第一作『探偵ガリレオ』を読んだけど、

これはこれで短編集になってて面白かった。

サクっと読める感じがいい。

次は二つの間の作品にあたる『予知夢』かな。


容疑者Xの献身
容疑者Xの献身
posted with amazlet on 06.10.15
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 262
おすすめ度の平均: 4.81
5 素晴らしい。一気読み&電車乗り過ごし
5 すごいよ東野!
5 内面にある行動の価値基準
探偵ガリレオ
探偵ガリレオ
posted with amazlet on 06.10.15
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 23,196
おすすめ度の平均: 3.88
4 ハイテク殺人を解く物理学探偵の話。暇つぶしに好適。
3 ???
4 湯川と草薙

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マイコンピュータの「このコンピュータに保管されているファイル」を変更

HKEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE \Microsoft \Windows \CurrentVersion \Explorer \DocFolderPaths を変えたい所に変更

| | コメント (0) | トラックバック (0)

windows updateができない

結局再インストールを5回くらい繰り返したわけだけど、

そうなってしまった理由のひとつがwindowsのupdate。

何かProgram Filesの場所を変えるとおかしくなるらしい。

で、何度かやり直したんだけど、google調べたら解決できる方法があった。



まず、症状は「Web サイトとの連動に使用する、最新バージョンの Windows 更新ソフトウェアがコンピュータにあるかどうかを確認しています」 の画面で止まってしまうのね。

で、

Windows の スタートボタンから、
スタート > プログラム名を指定して実行、
  regsvr32 regwizc.dll  とタイプをしてOK
さらに同じ操作で
  regsvr32 licdll.dll とタイプをしてOK   
と言うのを実行してみてください。

http://groups.google.co.jp/group/microsoft.public.jp.windowsupdate/browse_thread/thread/fdbb6588086f5aea/1c7bd7fe5bcf845a?hl=ja

これをそのままやったら直った。

理由はよくわからん。

でも更新できるようになったからいいやと。

再インストールの繰り返しは精神的に結構きついな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初め長いと感じて後半あっと言う間の『鴨川ホルモー』

鴨川ホルモー
鴨川ホルモー
posted with amazlet on 06.10.09
万城目 学
産業編集センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2,3年ぶりにPCを再インストールしたんだけど、

『花とアリス』の桜満開の壁紙のバックアップとり忘れてた。。

まぁいいかと一旦は思ったんだけど、いざないと自分のPCじゃないみたいだ。

結構ショック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »