« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

宮崎に行ってきた。

全然書いてないな。結構書きたいことあるんだけどめんどくさくなっちゃうな。

とりあえず宮崎に行って電車に乗ってきたので写真。

Img_0102

しんぺい号です。

日本三大車窓のうちのひとつが見れたと。

曇ってたけどね。

せっかくカメラ持ってたから色々試し撮りしました。

とは言え普通の人よりも全然撮ってないだろうけど。

機会があればそれもアップしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベタコント『時をかける少女』

Tokikake_1

先週渋谷に観に行ってきました。

『ゲド戦記』がダメダメだったので口直しも兼ねて。

評判良かったしね。

観始めて、何分か観ていて、主人公「真琴」のコントのような演技にびびった。

つか、後半ギリギリまでコントだった。

あそこから一気にシリアスになるのはずるいなぁ。

あんな演出されたらギャップでグッときてしまうよ。

映画のテーマは真琴の成長かな。

はっきり一段上がったってわかるような感じの成長ですね。

昔のジブリっぽいわかりやすさかな。

小学校時代とか中学校時代に見た『耳をすませば』とか『海がきこえる』とか、

ああいうのを観終わった後の感情を思い出した気分。

「あの頃こんな気分だったかなぁ」って。

ちょっと懐かしくなりました。

元々の原作の主人公が叔母さん役で出てるわけだけど、

その性格の違いが楽しいですね。

高校生の真琴をやさしく見守って何気ないヒントをくれる。

そういうあたたかい部分が観てて気持ち良い。

とても対照的な性格。

思わず原作を読みたくなりました。

それが狙いだよね。


初めの方あり得ないくらいのコントだったんですけど、

観終わった後の気分が良いので☆4。

1週間経ったらまた観たくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『変身』の小説読んで、映画版も観てみた。

変身
変身
posted with amazlet on 06.09.03
東野 圭吾
講談社 (1994/06)
売り上げランキング: 31,299
おすすめ度の平均: 3.72
5 悲しかった・・・
5 脳の神秘性と不気味さ
4 最後の一行がとても泣けます。
変身
変身
posted with amazlet on 06.09.03
アミューズソフトエンタテインメント (2006/05/26)

ちょっと前に『変身』の小説を読んだわけです。

宿命を読んで脳の話つながりの変身を読んでみたいと思ったけです。

いくつか東野圭吾の本を読むようになって、

いつの間にか最後の1行近辺を読むのが楽しみになってしまってるのが自分でわかります。

どの作品も人間のいやらしい部分とか汚い部分が実に細かく描かれてていい。

今回の作品は主人公が変わっていく自分に四苦八苦する話。

単純に言えばそういうストーリー。

実に簡単。

だけど、映画版観て思ったことは、

「その簡単なストーリーにとても深みがあったんだな」ということ。

映画版は僕の中ではだいぶ駄作に仕上がってる感じがしました。

蒼井優だからちょっと期待してたのと、

原作者が感動したってコメントを見てしまったのもあるけど、

期待外れという感が強かったです。

いくつか気になる点が出てきちゃうんですよね。

山下はあそこで殺されたの?殺されたなら血はどうやって片付けたの?とか、

玉木宏が電気消そうとしただけで蒼井優があんなに驚くのはおかしくない?とか、

その間教授は何やってたの?とか。

何だかそういう細かい所に目がいってしまった。

演出が大味な感じがした。

小説のときに感じた「主人公に同情するけど拒絶したくなる」感がないんですよね。

淡々と事実が見えてる感じ。

あとそばかすが結構重要だと思ったのにあんまり描かれなかったし。

ということで☆2。


小説の方は、主人公のだんだんに変わっていく様子が

日記やメモ、検査に加えて第三者の視点からも描かれてるし、

本人の感情としても描かれてる。

それを読んでるととてもリアルな感じがして、

「このくらい気合でどうにかなるんじゃないの?」って気持ちと

「やっぱりこうなってしまうのかなぁ」っていう気持ちが混じって

読んでいて本当に複雑な気分になる。

主人公のイライラ感が伝わってくるんですよね。

「そのくらい我慢しろよ」って言いたくなるんだけど、

「本当にどうにもできないんだろうなぁ」って思ってしまう。

そういうモヤモヤ感がとても好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノリでデジカメ買ってきた

9月の終わりに1週間くらい宮崎に遊びに行こうかなと思い、

デジカメでも買ってみようかと昨日の夜にふと思った。

元々写真好きではないのでデジカメなんか全く必要ないのだけども、

まぁノリで買ってみようかと。

この前の結婚式の時に新郎新婦の写真がたくさんあって

カメラあるのもいいなって思ったのもあるんだけど。

んで、昨日の夜に適当に探す。

何となくで見つけたのは『FinePix F30』と『IXY 800 IS』。


FX-F30 デジタルカメラFinePix F30
富士フイルム (2006/05/27)

で、F30の方が夜撮るときの機能面とかいいみたいなんだけど、

そもそも僕そんなに写真撮らないよね?って。

で、メモリもSDではないので、それならIXYでいっかと。

撮りやすいらしいし、バランスいいらしいし。


価格comの最安値が3万2千円くらいだったんだけど、

とりあえず今日ヨドバシ行って交渉してどのくらい安くなるか聞いてみるかなと。

多分、今日買わなかったらまた買う気もなくなってたんだろうな。

んで、ヨドバシに。

結果買いました。

ポイントとか色々交渉して3000円しか安くしてもらえなかったけど、

ノリだからまぁいっかと。


さっき試し撮りしてみました。

やっぱり僕はデジカメ使う人ではないなと感じました。

撮りまくってたら撮る癖つくかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »