« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

mixiで教えてもらった『みんなのうた』

カゼノトオリミチ』。

何か夜中見たらちょっとグッときてしまった。

んで、すごい旅に出たくなってしまった。

いい。



「で、誰に聴かせるためのみんなのうたですか?」という話ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『デスノート』本当に前編だったね

観て来たんですよ、『DEATH NOTE』。

『タイヨウのうた』を観たかったんですけどね、時間間違えたんです。

で、せっかくだからデスノート。



漫画のこと考えたらキリの良いところで終わると思ったんですけど、

ホントに前編だなぁってところで終わりました。

ビツクリ。

まぁ、11月にまた観るか。



ストーリーは期待を裏切るほどのものはなかったので置いといて、

やっぱりあれだね、藤原くんかっこいいね。

多分、他の人があんな風に演技すると嘘くさく見えるんだけど、

元々からしてあぁいう演技くさい動きしてる感じがするから結構自然に見える。

変な違和感ですね。

あと、声がとても良いね。

これまた胡散臭い感じで。

ホント声優とか舞台とかで映えるだろうなぁっていう人だ。



で、少しストーリーについてですが、

それなりに良かったのではないですかねと思いました。

どうせ原作好きの人がみたら批判ばかりになるだろうし、

その辺は確かに否めないけども、それなりのものには仕上がってる気がしました。



強いてあげると、

  • 話が全然進まずこじまんまり
  • 対決シーンが全然なく序章見てる感じ
  • 上に関連して何か台詞(言葉)が少ない感じがしてこう、もっと詰め込めたんじゃない?
  • 電車の中のトランシーバーはバレるよね
  • その他変なシーンが多々あるよね
  • 美術館で万年筆出す意味は全くないよね(観客用?)

くらいですかね。

でもそれなりに面白かったんではないかな。

原作の人気に頼りすぎてる感じがするけど。

(前編って言っても、もうちょっと面白みを詰め込むべきですよね)

ってことで☆3。11月に期待。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『カサノバ』に惚れた

銀座で『カサノバ』観て来た。

『ショコラ』とか『ギルバート・グレイブ』とか『サイダーハウス・ルール』のラッセ・ハルストレム監督の作品。

たまたまやってたから観に行ったような映画なのだけど、思いのほか面白かったよ。

ポスター観て真面目な映画なのかと思い、そういう気分で最初観てたのだけど、

話が進んでいくうちに「アレ?」って。

気付いたらドタバタ劇を観ていることに気付きました。

それもこれもカサノバのキャラクターのせいだろうなぁと。

頭が良いんだけど、ちょっと頭が足りないようなそんなキャラクター。

とても愛くるしい。

ジョニー・ディップの『リバティーン』という映画も観たのだけど、

アレとは正反対のプレイボーイに感じられた。

どこか憎めなくてとても魅力的。



「ただ一人だけの人を愛し続ける」

その言葉に衝撃を受けて、その愛を手に入れようと間違った努力をしてしまうところがいい。

きっと女の人のためへの努力は絶やさなかったのだろうと感じる。

そういうキャラをヒース・レジャーが見事に演じてる。

かっこいい。



難しいこと何も考えず観れる約2時間。

ただただドタバタを観てる感じで面白かった。

☆4。

何度も観るか?と言われたそういう映画でもない感じがするけど、

全体的に良い雰囲気ばかり感じた映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

『ダ・ヴィンチ・コード』初っ端から寝た

原作読んでから観に行こうと思ってたけど、今日はノー残業デーだったので観てみた。

最近映画観に行くといつも寝てしまう。

今回も類に外れず初めから寝た。

「あぁ寝そうだなぁ。でも多分大丈夫だろう。」って思ってた3分後には寝てた。

マジでビビッタよ。



で、前評判の悪さとか色々ありましたが、なかなか面白かったです。

謎解きとか好きだから解けてくのは面白い。

でも原作はきっともっと面白いんだろう。

何か短く感じてちょっと話が一気に進んだ感じがした。

#寝てたからかもだけど。



あと話として何か矛盾っていうか良くわからないとこがあったので

原作読んだ時用にメモ残しておく

  • 何でソフィはジャンレノあやしいってわかったの?
  • もともとソフィを守っておけば良い話ではなかったの?何で終わりでいきなり現れたの?
  • というかそもそもじいちゃんいらなくね?ばあちゃん同様みんなが守れば良かったじゃん。
  • サー・リーの行動が良くわからん。何で二度演技が必要?箱を手に入れるため?銃で脅せば良くね?
  • つかサー・リー偶然過ぎるよね。じいちゃんも知り合いだってことはわかってるだろうに。

そんな感じでストーリーの細かいところで良くわかんないとかがたくさんでした。

ボクにとっては矛盾くらいな感じがしました。

#寝てたからかもだけど。



結局原作読めって話だよね。

原作付きの映画にあんまり期待すべきではないよね。

必ず原作読みたくなるから。

かと言って原作読んでから映画観るとそれはそれで「世界観がー」とか文句言っちゃうのも嫌だよね。

どっちにしろ難しいな。

原作ありだけど面白かったなってすぐ思いつくのは『オールドボーイ』くらいだ。

そんなこんなで色々あって☆3。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »