« 最後の一文が好きな『時生』 | トップページ | 山Pの口パク事件のおかげで久々に川本真琴見た »

少しずつ読める『さいえんす?』

Product image for ASIN: 40437180393月5日に先生の結婚式で福岡に行き、

そこで東野圭吾特集をしてたので買ってみた。

薄いし、帰りの飛行機で読むにはちょうど良いかなと。

で、ちょっとずつ読んでって結局読み終わったのは今と。

野球の話は面白かった。

ちょうど友達が昔おんなじこと言ってた。

「高校野球は見れるけどプロ野球は面白くない」

で、

理由は1回勝負じゃないから。

要はダラけるわけだ。

それの対処法として、3リーグ制、入れ替え制、プレーオフ。

それだけやればいくらなんでも盛り上がるだろう。

さすがにずっと同じ組み合わせじゃ見ててもつまらないし。

んで、それに関連して勝率の話が面白い。

何でこういうデータを誰も出さないんだろう?と不思議になった。

あんだけ解説がいれば一人くらいおんなじこと考えても良い感じがするけど。



あと、血液型占いの話がすっきりする。

僕は血液型占い否定派。

4パターンに分かれるって時点でまずおかしいよねって。

こんだけ人がいるのに4パターンって。

だったらもっと細かくしたらいいのに。

AAとかAOとか、あの少ない血液型とか。

そこまで分析して色々やるんだとまだ信じ甲斐がある。

で、この本で言ってる最後のとこ読んで「あぁ」って納得した。

AB型とO型の子供はA型かB型。

つまり性格が全然違うって話になる。



あぁ、

それは有り得ないな。



と、素直に感心。

ってことでやっぱりこれからも信じない派です。

でも、僕の周りの信じない派は皆B型ってところがこれまたミソ。

傾向くらいはあるのかもと思い始めてる今日この頃です。



そんなこんなで小話がまとまってて面白い。

数字がガンガン出てくるって話でもないから理系とか文系とか関係なく読めるし。

それと、どうやって小説を書いているかっていう根本が少し見えます。

それがまた面白い感じだ。

|

« 最後の一文が好きな『時生』 | トップページ | 山Pの口パク事件のおかげで久々に川本真琴見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/9420573

この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつ読める『さいえんす?』:

« 最後の一文が好きな『時生』 | トップページ | 山Pの口パク事件のおかげで久々に川本真琴見た »