« 『県庁の星』のベタさが好き | トップページ | 『波の上の魔術師』はドラマの方が好きかな »

『ナルニア国物語』は映像化失敗じゃね?

narnia1

会社のノー残業デーの時に観に行ってみた。

…間違って日本語吹き替え版を。

これは酷かった。

日本語吹き替え版って段階で酷かったんだけども、

「字幕だったら面白いかな?」と考えてもやっぱり酷いかな。

思い出せるところで、

  • 話が浅い(無理やり2時間に収めたなぁって感じ)
  • 子供の性格に感情移入できない(何かイライラする)
  • 子供がかわいくない
  • 子供の必要性がわからない
  • 間をカットして編集してるかのような場面移り
  • 戦闘シーンに迫力がない

という感じ。

子供にわかりやすいように作ってあると思えば仕方がないのだけども。

一応ディズニー作品だから。



それと、この作品観ても思ったけど、

外国のファンタジーの子供の性格にイライラしてしまう。

と言うか、何か上手く理解できない。

なんだろ?わざとそういう風に描いているのかな?

日本の場合でも、自分勝手でワガママな性格の子供を作ったりするけど、

その場合はホントに嫌な性格だったりするからわかりやすい。

もし主人公だとしたら「嫌な奴」→「改心して良い奴」みたいな。

だから段々に引き込まれたりする。

でも外国の場合は、主人公に同情してると何か嫌な部分が見えたりするので、

「えぇ?!」ってなったりする。

こう、その行動の動機がわからない状態。

まぁ、日本の方が単純ってことか。



戦闘シーンに関しては、どうしてもロード・オブ・ザ・リングと比べちゃう。

あれを観る前に観てればまだ良かったかもだけど、

あの後の作品だから見比べてしまうのは仕方がない。

一瞬で終わったって感じがするし。



まぁ、何より勘違いしていたのは、続き物だと思ってたことだ。

だから戦闘シーンがあっと言う間に終わってビックリした。

「えぇ?!終わるのかよ!」って。

ナルニアってロード・オブ・ザ・リングと違って1個1個が完結するのね。

全然知らなかったよ。

あっちは3部にかけて1つの話描いてたし、こっちが浅く感じるのも仕方ないかな。

とは言え、あまりにも話が浅いので、

「ホントに合ってるの?」って感じで原作読みたくなる映画だった。

ハリーポッターの例があるから、映像化はあんまり信用できないし。

と言うことで☆1でした。



ぁ、そうだ。

予告でやってた『ゲド戦記』が面白そうだった。

すごい長い予告で「このまま映画始まるんじゃね?」みたいな感じだったけど。

世界三大ファンタジーということで、『指輪物語』『ナルニア国物語』と来たから次は『ゲド戦記』か。

まぁ、原作はどれも読んでないところが僕のミーハーっぽさ満載。

|

« 『県庁の星』のベタさが好き | トップページ | 『波の上の魔術師』はドラマの方が好きかな »

☆1」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/9158352

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナルニア国物語』は映像化失敗じゃね?:

« 『県庁の星』のベタさが好き | トップページ | 『波の上の魔術師』はドラマの方が好きかな »