« 『エリザベスタウン』に行きたい | トップページ | ハヤシチキンキャベツ玉ねぎスープ »

『CUSTOM MADE 10.30』のテンポの悪さ

たまたま渋谷にいたこともあり、見逃していた『CUSTOM MADE 10.30』を見てきた。



…ひどい。



木村カエラとか要らないから奥田民生ライブを2時間やって欲しかった。

ストーリーもテンポも演出も編集も悪い映画。

大抵の映画はどんなに酷くても最後まで観ていようと思うのだが、

今回は久々に途中で席を立ちたくなった。(民生の歌が聞きたかったから残ったけど。)

「歌いたいんじゃ!歌いたいんじゃ!」の木村カエラの叫びのところなんかは目を覆いたくなった。

とは言え。

奥田民生のライブになったら全てを打ち消してくれるというこの不思議。

いやぁ、大画面であのライブを観られただけで満足。

知り合いに貸したDVDをまた観たくなった。

ただ、それだけで映画の評価を高くするのもアレなので。

☆1。(ライブは映画の一部だけど監督の演出じゃないしね。)



色々不満を言いつつも、木村カエラが全くダメだったわけでもなく、

逆に「5次元カスタムズ」のボーカルにはちょっと惚れ惚れした。

今まで日本語歌詞の歌しか聴いたことなかったもので。

英語歌詞の方が明らかに合ってるよね。

演奏がダメダメなのにボーカルで一気に吹き飛ばした感じ。

ちょっと印象が変わった。

(その後の「父ちゃんのメロディ」はやっぱり好みではなかったけど。)

|

« 『エリザベスタウン』に行きたい | トップページ | ハヤシチキンキャベツ玉ねぎスープ »

☆1」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/7234443

この記事へのトラックバック一覧です: 『CUSTOM MADE 10.30』のテンポの悪さ:

« 『エリザベスタウン』に行きたい | トップページ | ハヤシチキンキャベツ玉ねぎスープ »