« 『マシニスト』鑑賞 | トップページ | 気付けば『パラキス』やってるのね »

『二ノ宮知子』の魅力

のだめカンタービレ』が好きで、その流れから昔に戻り『天才ファミリー・カンパニー』を読んでみた。

コミカル路線とシリアス路線が良い具合に混ざり合ってていい。

有り得ないなと思いつつも、ストーリーを受け入れちゃいたくなるような感じ。

『のだめ』と同様、初めの方はコミカル優先で主人公に同情に近い気持ちを感じるんだけど、

だんだんに全体が見えてきてキャラ一人一人を好きになってしまう。

最後の方まできたら感動してしまった。

軽くうるうるきた。(それは言いすぎだけど。)



『のだめ』についても言えることだけど、

ボケ倒すくらいのくだらなさと所々に出てくる真面目な台詞や感情が気持ち良い。

その辺がこの漫画家さんの魅力だと思う。

初めは読んでて呆れるんだけどね。

「こんなキャラいねぇよ。もういいよ。」みたいに。

でも、それがなかったら感動も半減するんだろうなぁって最後には感じる。

何か不思議な感じだ。

さて、他の漫画も読まなくちゃ。

|

« 『マシニスト』鑑賞 | トップページ | 気付けば『パラキス』やってるのね »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/6426438

この記事へのトラックバック一覧です: 『二ノ宮知子』の魅力:

« 『マシニスト』鑑賞 | トップページ | 気付けば『パラキス』やってるのね »