« 『玄箱』EMモードにできず | トップページ | 『windows messenger』のアンインストール »

『チャーリーとチョコレート工場』でブラックユーモアとB級映画感を味わう

映画館のポイントカードの有効期限が切れそうだったということもあり鑑賞。

軽く寝てしまったわけだが、なかなか良かった。

B級映画っぽさがとてもよく出てて面白い。

それでいて音楽が最高。

ウンパ・ルンパの歌と踊りが皮肉っぽさを上手く表現してて楽しい。

で、ジョニーデップ。

すごいね。40歳超えてるようにはさらさら見えない。

いやらしい演技が良く似合う。

人間味にかけているっていう設定がすんなり伝わってくる感じ。

「あぁ、嫌だな。こんな人。」って。

最後をあんまりダラダラやらなかったのも良かったかな。

深く描きすぎても間延びしそうな感じもするし。

ポイントだけ抑えている点が子供にも優しい感じがした。

とは言え、ブラックユーモアの時点で子供が嫌がりそうな感じもするけど。

全体的にB級っぽさがたくさん出てて良かった。

家にDVD置いておいてたまに見ようかなっていう感じのサッパリした映画だった。

|

« 『玄箱』EMモードにできず | トップページ | 『windows messenger』のアンインストール »

☆3」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/6094808

この記事へのトラックバック一覧です: 『チャーリーとチョコレート工場』でブラックユーモアとB級映画感を味わう:

» 『チャーリーとチョコレート工場』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
2005年9月14日 『チャーリーとチョコレート工場』 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY ★さあ、世界一オカシな工場見学へ!★ 2005年9月10日工場大公開 2005年/アメリカ/カラー 上映時間/115分 配給:ワーナーブラザース イマジネーションが縦横無尽に駆け巡る! ありきたりな日常を侵食する 魅惑のミラクル・ワールド! 希代の名コンビが選んだ、まさにハマリの 題材は全世界で1300万部... [続きを読む]

受信: 2005年9月24日 (土) 17時47分

« 『玄箱』EMモードにできず | トップページ | 『windows messenger』のアンインストール »