« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

『FLY,DADDY,FLY』で感じる人間くささ

前に映画で予告観た時からちょっと観たかったので、

3連休ということもあり観てきました。

尿管結石の石も出て一安心したことだしね。



岡田くんがかっこ良かったですね。

自分の周りで好きだって言う人が何人かいたんだけど、

その理由が少し分かった気がします。

木登りのシーンでスルスルスルって登っていく姿とか「絵になるなぁ」って思いました。



今回の映画の良いところは「友達」感が良く出てるとこですね。

「お父さんの友達」って言ってるシーンとか、バス内での人間関係だとか、

あとは高校生たちのやりとりだとか。

「こういう付き合い方っていいなぁ」って感じました。

やっぱり映画だからね。

そういう現実にないような「くささ」みたいなのがあってもいいかなと。

まぁ、全体通して表現が大げさな感じです。

それを良いと感じるか悪いと感じるかは人それぞれなんでしょうが、

それはそれで良いのかなと。

あとですね、たまに出てくる細かいコメディタッチなとこが好きな感じでした。

決闘のシーンで風が強いことを良いことに西部劇みたいなシーンを作ってるとことかね。

「いやいやいや、ありえない(笑)」

って思ってたらその後タネ明かしが待っててちょっと笑ってしまった。

「タネ明かしするためにわざわざこのシーン入れたのかな?」って感じで。



カタルシスをおもいっきり感じられるわけではないけど、

やっぱりこういう映画を観たら主人公を応援したくなりますね。

結構僕はそういうのが好きみたいです。

オーソドックスに主人公が頑張るって感じの映画がね。

映画としてはそんな評価高くないけど、

やっぱりたまにはこういう映画観るのもいいよねって感じで☆3。

「絶対観た方がいいよ!」って薦めるものではないですが、自分で観る分には良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親不知抜いて正解

抜いたのは昨日なんだけどね。

つまり、昨日は下腹部の痛みと口の痛みでダブルパンチだったわけ。

でも、抜いて正解。

顎関節症が治ったっぽい。

口を開けてもカクカク言わない。

もう痛みも引いたし、やっぱり抜いておいて良かったな。

一応明日もう一度歯医者に行き、経過を診てもらいます。

抜いたのは右の下。

右の上も生えてて、左の下は斜めに生えてる状態。

さて、抜きべきか抜かざるべきか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尿管結石になる

いや、何て言うか。

研修から帰ってきたと思った矢先にこれだよ。

そういえば研修の時に腹が痛かったんだよね。

予期せぬ自体とはこういうことを言うんだろう。



木曜日。

朝5時過ぎに起き、「7時くらいに会社に行こう」と意気込む。

朝のお小水の後、何か下腹部に違和感。

もとい、下腹部から大事な部分にかけて違和感。

とりあえず横になってみる。

1時間ほど横になってみる。

わき腹が痛む。

猛烈に痛む。

立つのも大変で吐きそうな感じ。

救急車を呼ぼうか迷う。

とりあえずネットで色々調べてる。

近くの泌尿器科に行くとすると会社には行けない。

また迷う。

とりあえずトレーナーさんに電話。

出ない。

「会社に行ってみるか?」と自分に問いかける。

「ムリ。」

きっぱりと断られる。

仕方ないので、ケータイデリ(メッセンジャーみたいなやつ)でトレーナーさんに伝言。

タクシー呼ぶ。

病院に着く。

早く診て欲しいと思う。

「採尿してください。」

受付に言われる。

出ない。

1時間ほど出ない。

水飲んでもムリ。

ガブガブ飲んだけどムリ。

トイレに篭もる。

出る。

看護士さんに渡す。

やっと診察待ちの列に加わる。

待ってたら痛みがなくなった。

「会社行っておけば良かった。」と後悔。

診察の時。

「尿管結石だね、きっと。」

レントゲン撮って診察。

ビンゴ。

石があった。

「出るまで痛いだろうから痛み止めの薬出しておくね。」

終わった。

診察時間およそ3分。

病院にいた時間およそ4時間。

…まぁ、そのうち1時間は自分のせいなんだけども。

そんな感じで午後から出社。



いやはや、大変だった。

マジで色々な病気を頭にめぐらせたよ。



「やばい。切らなきゃいけないかも。」



とか。

とりあえず水分をたくさん取るのが良いらしい。

若くてもなるとは思わなかった。

皆さん気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期を傷つけたっぽぃ。

どうやらやってしまったようだ。

何て言うか、仲が良くなるとどうしても気軽に話せるようになってしまうから、

相手のことを思う前に口に出てしまうことがあったりして。

目の前に顔があれば、すぐさま訂正したりフォローしたりできるんだけど、

それが電話やらメールだとそうとはいかないわけで。

色々言ってみても、結局言い訳にしか聞こえなくて、

気付いた時には既に溝ができてると。



んー、前にも同じように失敗してるから気をつけてたつもりなんだけどな。

前の傷をこの頃やっと回復できたと思ったのに、

気付いた時にはまたこれだ。

正直ちょっと凹んだな。

やっぱり同期とは距離をとって接した方が良いかも。

しばらく自粛しよう。

ちょっと不機嫌そうな感じがちょうどいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »