« 親不知抜いて正解 | トップページ | JavaScriptとかXMLとか。 »

『FLY,DADDY,FLY』で感じる人間くささ

前に映画で予告観た時からちょっと観たかったので、

3連休ということもあり観てきました。

尿管結石の石も出て一安心したことだしね。



岡田くんがかっこ良かったですね。

自分の周りで好きだって言う人が何人かいたんだけど、

その理由が少し分かった気がします。

木登りのシーンでスルスルスルって登っていく姿とか「絵になるなぁ」って思いました。



今回の映画の良いところは「友達」感が良く出てるとこですね。

「お父さんの友達」って言ってるシーンとか、バス内での人間関係だとか、

あとは高校生たちのやりとりだとか。

「こういう付き合い方っていいなぁ」って感じました。

やっぱり映画だからね。

そういう現実にないような「くささ」みたいなのがあってもいいかなと。

まぁ、全体通して表現が大げさな感じです。

それを良いと感じるか悪いと感じるかは人それぞれなんでしょうが、

それはそれで良いのかなと。

あとですね、たまに出てくる細かいコメディタッチなとこが好きな感じでした。

決闘のシーンで風が強いことを良いことに西部劇みたいなシーンを作ってるとことかね。

「いやいやいや、ありえない(笑)」

って思ってたらその後タネ明かしが待っててちょっと笑ってしまった。

「タネ明かしするためにわざわざこのシーン入れたのかな?」って感じで。



カタルシスをおもいっきり感じられるわけではないけど、

やっぱりこういう映画を観たら主人公を応援したくなりますね。

結構僕はそういうのが好きみたいです。

オーソドックスに主人公が頑張るって感じの映画がね。

映画としてはそんな評価高くないけど、

やっぱりたまにはこういう映画観るのもいいよねって感じで☆3。

「絶対観た方がいいよ!」って薦めるものではないですが、自分で観る分には良いですね。

|

« 親不知抜いて正解 | トップページ | JavaScriptとかXMLとか。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100490/5000363

この記事へのトラックバック一覧です: 『FLY,DADDY,FLY』で感じる人間くささ:

« 親不知抜いて正解 | トップページ | JavaScriptとかXMLとか。 »