« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

『花とアリス』に『LoveLetter』

久々にまったりと一日過ごしました。

昼前に『花とアリス』のサントラ聴きながら洗濯物干してたら久しぶりに観たくなった。

DVDドライブが壊れてたっぽぃから観れないかなぁと思ってたけど、

いざDVD入れてみたらちゃんと映った。

何か時間おいたら直ったみたい。良かった。



それにしてもやっぱり良いねぇ。

とても好きだわ、この映画。

音楽の影響もあるんだろうけど、時間を気にしない、ゆったりとした気分を味あわせてくれる。

それに最後の踊りのシーンがね。

映画館のスクリーンで観ることができて良かったなぁって思います。

初めに観た時はホントにアリスに目を奪われましたもの。



そういや、前に同期の女の子が「お前」とか「君」って言われるのがキライって言ってました。

ボクもそんなに良いイメージには思えなかったんだけど、

この映画観てから「君」っていう言葉のイメージが変わりましたね。

たびたび「キミさぁ~」って感じの台詞が出てくるものの、

何か嫌な感じがしないんですよね。

相手を理解している上で使ってる言葉な気がして逆に関係が深いように聞こえるわけです。

発する人が変わるだけで随分受け止め方が変わってくるんですもの、

言葉って不思議なもんですね。



で。

せっかくだから岩井俊二つながりで『LoveLetter』も観ようかなと。

もぅ10年も前の映画ですねぇ。

淡い感じがとても好きです。

それを引き立てるような豊川悦司の関西弁がまたいい。

前半のキスシーンは魅力的ですね。

あのシーンだけで豊川悦司が演じる秋葉のキャラが伝わってきます。

普段はおちゃらけてたりもするけど、真面目なとこもあって。

で、相手を思いやる包容力があると。

そんな感じが伝わってきますね。

豊川悦司はやっぱり関西弁の方が似合いますな。



映画の中で直接的な恋愛シーンがこのキスシーンだけなんですよね。

これが後半の淡い恋の感じを引き立ててくれてるように思えます。

相手に伝えられない想い。

自分でも気づかない想い。

相手にも伝わらないくらいのサインを出し続け、

時間がかかって届く想い。

そこで初めて気付く昔からの感情。

何か懐かしい感じがしますね、そういうのって。



何だか『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』も観たくなってしまいましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

研修でできないことは、

本番でもできない。

絶対。





大学時代の友達で今年トレーナーやってる子に研修のことを愚痴ってみた時の反応。

今日一番の学びです。



いや、以前どこかで言われたことがあるんだけど、

「どこかで」っていうくらいしか頭に残ってなかったわけね。

それが今回のSE研修でのモチベーション低下によって、

この言葉に改めて感心してしまったわけです。



自分が緩いだけに、型にはまったようなキツキツな研修にうんざりし、

非効率だと思う部分に文句ばかり言っていましたが、

それが現実にあり得ることなのだとしたらその時のために今やらないといけないわけで。

少しばかり研修の目的が見出せた気がします。

友人に感謝。



まぁ、それでも。

こっちの質問に答えもせず、2日間居眠りしていた講師に腹が立ってしまい、

金曜の日報の際に、



「あなたがおられる意味がわかりません。」



と書いてしまったりもしましたが。

今日言い訳しながら謝罪の言葉を出した姿を見て「この人は尊敬できないなぁ」と改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修の不毛な時間

仕事初めて約2ヶ月。

初めて会社辞めてもいいかもって思った。

マジで不毛。

すげぇダメ上司に指導を受けてる感じ。

時間とか、作業とか、そういう所にすごく厳しく指導するくせに自分はまったく非効率。



「お前の態度を治せ。」



ってすごく言いたい。

つーか、学生時代だったら確実に言ってるかも。

今回も言おうと思ったけど「あぁ、もう社会人だっけ…」と何度自分の気持ちを抑えたことか。

ホントひどい。

何のための研修なのか。

仕事ができることよりも、そんなにビジネスマナーが大事なのかと。

SE研修なのに「顧客との対応には上着を着てきてください。」って。

マジで信じられん。





とは言え。

違うチームにいるT君。

「Javaできるの?」という質問に対して、

「できるよ。」と答えるその自信。

君には付いていけない。

自分で何もやらないくせに文句だけはいっちょまえ。



お前何様?



マジで憤慨。

女の子泣かして楽しいのかと。

ホント初めて仕事が嫌になってきてる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また面白くなってきた『恋におちたら』

初めはサクセスストーリーっぽくて好きだと書き、

二度目は狙いすぎてる展開にがっくりきたと書きました。

しかしながら。

いやはや、また先週くらいからテンポ良く面白くなってきた。

昔あった『お金がない』ってドラマを思い出すけど、

よくあるシナリオだからそこはどうでも良いかな。

テンポ良くて面白かったらそれでいい。

何か前半と脚本か演出が変わったんじゃないかってくらい印象が違うけど。

最初は『悪女』みたいなサクセスストーリーかと思ったんだよね。

とは言え、これはこれで好きだ。

いかにも嫌な役が出てくるとそれだけでドラマが映えますね。

そのキャラを容易に憎めるから感情移入しやすくなるためでしょう。

しかもまだまだ展開の変わる要素があると尚更いい。

さてさて先がまだあるこのドラマ。これからどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NOTHING』試写会GET。

わーい。

『NOTHING(ナッシング)』の試写会が当たりました。

『CUBE(キューブ)』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督最新作です。

前に映画館にまで足を運んだ『カンパニー・マン』も好きだし、新作観たかったんですよね。

どうして試写会が当たったかと言えば、



何となく応募してみたら当たった。



運っていうのはこういうもんなんですね。



試写会は木曜日の会社帰りに行きます。

とりあえず映像と音楽に期待。

ストーリーの特異さも感心するけど、映像と音楽の気持ち悪さがとても好きです。

映画館の音響のせいもあるかもだけど、『カンパニー・マン』では耳が壊れるかと思ったほど。

さてさて今回はどんな感じなんだろ?

木曜は研修一部最終日ですが残業しないように気をつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »