« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

日常?のユーモアを描く『コーヒー&シガレッツ』

銀座テアトルシネマまで観に行きました、『コーヒー&シガレッツ(COFFEE AND CIGARETTES)』。

映画観る前に3時間くらい歩いたから、溜まった疲れのせいで途中寝てしまった・・・。



もったいねー。



短編11個がまとまった映画なのですが、そのうち2つくらいのオチがわからず仕舞い。

退屈な映画でも全部見終わったしまえば「見逃した、もったいねー。」って思ってしまう。

そんな感じの映画でした。

おもいっきりコメディーって感じじゃないのがいいですね。

日常(と言うか、特殊な日常)の一場面でついつい笑ってしまうこと、何となく引き込まれてしまうこと、

そんな場面場面を集めている所に魅力を感じます。

そしてコーヒーとタバコを共通媒体とした一貫性が、さらに魅力を膨らませています。



初めの『STARANGE TO MEET YOU "変な出会い"』で映画の特殊性を植えつけ、

その後当たり前のように説明のない場面が進んでいく。

現実の会話と嘘っぽいやりとりが生むリアリティ。

上から映したテーブルには、コーヒーカップとタバコ。

白黒の画面が無駄な情報を制限し、

限られた人物と限られたフレームとほんの少しの会話のみ。

そのおかげで、場の状況だけに集中できた気がします。

ただの10分くらいの会話なのに、その場にいる人物に魅かれてしまう面白さ。

特にアルフレッド・モリーナとスティーヴ・クーガンの『COUSINS? "いとこ同士?"』は素晴らしい。

演技に見えないあの気まずさ。

アレを観られただけでも満足だ。

短編の集合ということで☆3。



公式ページは2パターン。

コーヒー」と「タバコ」、どちらかお好きな方へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナタリー・ポートマンに魅せられた『クローサー』

観てきました。本日公開『クローサー(CLOSER)』。

今回も全く調べずに何となくで鑑賞。(観てたらジュリア・ロバーツが出ててちょっとビックリした。)

そんな感じだったので、「何でR-15なんだろう?」って不思議に思っていたのですが、

途中でSEXチャットのシーンになり納得。

卑猥な言葉が出てくる出てくる。(後ろで観てた外国人の方たち大爆笑。僕も笑ってしまった。)

でも、映画の中でSEXシーンが出てくることはなく、エロい映画って印象は全くなかったですね。

演劇が基だからかも知れないけど、台詞回しで全てを伝える感じです。

(場面変化も台詞だけで掴まないとだから、慣れないとなかなか辛いかも。)

…まぁSEXシーンはないにしても、ストリップのシーンは結構凄かったですね。



で、映画の感想ですが、途中ダラダラ感を感じてしまい☆3。

…って思ってたら、最後のアリス(ナタリー・ポートマン)にやられた。

空港のシーンで「あぁ、こういう映画なのかぁ。。。」と。

おかげでエンドクレジットの間いろいろ考えてしまいました。

相手を信じること、真実を言うこと、嘘をつくこと。

恋愛をしてれば様々なことがあり、時に相手を傷つけることも。



「何が大切で、何をしたらいいのか?」



真実や嘘が問題ではなく、「相手をどう思うか」が大事なんだなと。

そう感じました。

ナタリー・ポートマンが演じるアリスの魅力の素晴らしさ。

彼女の行動全てが愛らしい。

ということで☆4。



映画観た後で知ったんですけど、ナタリー・ポートマンは助演なんですね。

明らかに主演な感じがしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

『バタフライ・エフェクト』のきっかけではじまるストーリー。

先日の『バタフライ・エフェクト』で見た「カオス理論」 にトラックバックがあり、

それが元で「バタフライ・エフェクトみたいに」というページを見に行った。

はじめに」にルールが書いてあるからわかると思うが、

「今までのノンフィクションの経験を基にフィクションの選択肢を考えてみる」というもの。

コーヒーブレイク」まで読んでみるとなかなか興味深い。

自分の過去を振り返ることは多々あるけど、こうやって一つ一つ見つめ直すのはすごいことだなと。

「違う選択肢を選んでいたら今よりももっと…」っていうのは誰もが思うことで、

問題はそう思った時にどんな行動を起こせば良いんだろう?って所。

過去を振り返ることが前向きに生きるための力になるのなら、

後悔もするべき必要があるものなのだなと感じた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『新暗行御史』の絵が変わってきてるんだけど・・・

昨日発売のサンデーGXを読んでみたんだが、絵のタッチが随分軽くなってしまった気がする。

すっきりした絵も良いとは思うんだけど、あんまりギャグっぽく書かれるとイメージが良くないなぁと。

今月は軽い絵ばかりだったので少し気になりました。

(前からギャグっぽい絵はあるんだけど、今回のは単行本の巻末おまけページって感じでね。)



とは言え。。。



所々の絵の雰囲気は素晴らしいもので。

王にしろ、桂月花にしろ、いい描き方をしてくれる。

先のことがわかってる分、愛らしく描かれると逆に辛さが増します。

過去編は元々そのためのものだから仕方ないと思うのだけど…。



色々な謎が謎のまま進んできてるからどんな結末でも驚く気がします。

阿志泰と王が直接顔を会わせなかった理由や、二人が似ている理由、

そして善と悪は同じ存在だという考え方。

過去編は過去編で謎を紐解いてくれるんだろう。

さてさて次回が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

『バタフライ・エフェクト』で見た「カオス理論」

『THE BUTTERFLY EFFECT - バタフライ・エフェクト』を鑑賞。

たまたま一昨日何かのCMで見て映像と音楽が気に入り、あまり調べぬまま映画館へ。

物語のはじめに「バタフライ効果」でカオス理論を持ち出し、

説明もなしにストーリーが進んでいく。

映像と音楽のアプリオリが続き、

全体の話は見えてこないのに目の前の悲劇だけは想像させられてしまう辛さ。

前半は見ていて胸が苦しくなった。

それを何度も繰り返し、やっと全貌が明らかになってくる。

そして主人公の中に重なっていく何年もの想いが伏線となり、

ラストへのカタルシスへと繋がる。

発想の素晴らしさと、それを補うシナリオの良さ。

こういった作品はやはり矛盾に陥るのだけれども、

「有り得ない」からスタートすればそれはどうでも良いことに思える。

はじめに「カオス理論」をもちだしているわけだし。

むしろそれを考えさせない主人公の、人としての必死さ、愚かさが伝わってきた。

演技とシナリオの良さがテーマを見事に伝える役目を果たしているかなと。

必要最低限の情報で主人公の周りしか説明していないことも良かった。

他の人がどうなったかなど大した問題ではないのだから。

ということで☆4。

まぁ、こういう作品だと☆5はないかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『交渉人 真下正義』と『機動警察パトレイバー 劇場版』

観てきました、『交渉人 真下正義』。

ちょっと期待してたんですけど、期待してたせいもあって満足できなかったというか…。

何か全体のバランスが悪い感じがしました。

受けの狙いすぎ感と、テンポの悪さと、演技のグダグダ感と…。

何よりオマージュ(って言うよりパクリの改悪)が気になって。

全体的な流れを見たら明らかに『機動警察パトレイバー the Movie』を意識してるかなと。

カラスを象徴させているところから始まり、犯罪そのものがまさにそれをイメージさせる。

カラスが特有の周波数に集まるってのもあるんだろうけど、

最後まで観たら絶対に「意識してるなぁ」と感じるはず。

試しに「交渉人 真下正義 パトレイバー 劇場版」でググってみたら、

現時点で121件

確か『踊る~』のスタッフさん達って『パトレイバー』好きなんですよね。

(どっかでそんな話を聞いたような…『THE MOVIE』ってタイトルもそっからだとか何とか…。)

で、確かにその感じは出てるんですよ。ミステリアスな感じとか。

でも、明らかに違うのはコメディー要素の入れ方で。

変にギャグっぽい感じを入れているからリアリティがなくなって中途半端な気がします。

16年後にできた作品なのに前のものを超える「何か」がないってのは問題じゃないかなと。

それだけパトレイバーの完成度が高いんだろうなって気もしますけど。

ということで☆2。(ちなみに前回の劇場版もイマイチだった)

…面白くないってことはなく、やるならしっかりやって欲しいなと。

もう少し面白くできたはず。

『容疑者 室井慎次』に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっごとー!しっごとー!

今日も21時に仕事終了ー。

…とは言え残業代を貰っているのが申し訳ないような仕事振り。

まぁ、サービス残業なら良いのだけど。。。



仕事って何ですか?



一人前の仕事っていつになったらできるんですかね?

なかなかもどかしい今日この頃です。

明日明後日は定時に仕事が終わる予定なので映画でも観に行きますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も残業、そしてスラムダンク特集。

今日は21時に仕事が終了。

18時から打ち合わせに出席させてもらったことと、

僕の業務日報を書くのがなかなか早くならないため、

結局帰りが21時になりましたとさ。

でも、なんかいいねぇ。仕事が楽しぃ。

全然戦力になってなぃのがもどかしぃんだけど、それはそれ。

早く仕事できるようになりたいなと。



で。

昨日の夜中にやってた『スラムダンクあれから10日後』を観賞。



あー!!!すげぇイベント行きたかったぁ!!!!!



ちょうどこの前、楽しみにしてた黒板カードが届き、またスラムダンクが読みたくなってた所。

加えて、この特集番組。

実家に帰ったときに全巻持ってくれば良かったかな…。

何か番組観たらバスケもしたくなったし…。

何でイベント行かなかったかなぁ…。



ピニョン。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『恋におちたら』が酷い。

昨日も観ました、フジのドラマ。

いや、まぁいいんだけどさ…ちょっとありえないよね。

毎回ありえない話ではあるんだけど、今回のはイマイチしっくりこないと言うか、、、



2人だけでコンサート聴いてるとかありえないし。



しかも他の社員が知らないって…



仕事してなかったらその時点で気付くだろう…



ちょっと話もグダグダしてたし、今回はイマイチでした。

最後の10分間くらいだけで良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »